徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自民党政調会・青年局

この土曜日は、午前は政調会(政策勉強会)午後は青年局の役員会と自民党大阪府連での1日でした。
衆議院選も近づいている中、また維新の会のような既存の政党とは異なる政党が出てきた中、自民党の政策はどういうものなのか、自民党としてどうすべきなのかを議論していく場でもありました。
政調会では大阪都構想についての自民党としての考え方についてということでしたが、質疑では維新の会へのスタンスや、自民党の姿勢についての質問が多いものでした。

午後の青年局では、小泉進次郎青年局長からの課題で何故自民党に残ったのかという題目で意見交換会をしました。
自民党は国家観がはっきりしているという意見や、維新に危うさを感じている、また消極的理由で残っているなど様々な意見が出て来るものでした。

その中で自民党のいいところは、議論をオープンにしていくことができるということです。
この時も、青年局役員だけでなく、サポーターの方や、学生の方も参加してもらい議論をしています。
物事を決めるスピードも大切でありますが、多くの人の集まりをまとめる過程も重要ではないでしょうか。

おそらく小泉局長も今の自民党支持率の低迷を危惧しているのでこのような課題を投げかけているのだと思います。
全国で最も注目されている大阪、ここから自民党の考えを発信していくべきです。
  1. 2012/02/19(日) 22:22:18|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/450-e3510794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。