徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

首長公選制

橋下新市長が就任してから矢継ぎ早に新しい政策を打ち出しています。
今までにないスピードには正直すごいと思います。しかしながら、内容の詳細については良く見えない部分もあるので、市民にとって利益になるのかどうかしっかりと議会で論議し決めていただきたい。
ちなみに私は府と市の広域行政部分の政策一元化は大いに賛成ですが、大阪市の解体には反対です。
大阪都の内容(区割り、税収の配分、役割区分)や、実現までの工程を一刻も早く明示して、住民投票で最終の判断をしなければならない大阪市民・府民の皆さんがどちらが良いのか判断できるようにしていただきたいと思います。

橋下氏が発信しているものの一つに「国の首長公選制」があります。
現在の議院内閣制では意思決定のスピードがない、日本のトップがコロコロ変わってしまう等の理由からでた日本の仕組みを大きく変える提案です。

私は橋下氏から「国の首長公選制」という言葉が出てくるのに違和感を感じています。
橋下氏は知事時代、現在の地方議会の在り方「2元代表制」はおかしいとしてきました。
「2元代表制」は行政のトップ(知事や市長など)が選挙で選ばれ、議会も選挙で選ばれ、行政が提示する予算案や条例案(議員からも出せます)に対して議会がチェックするものであり、「首長公選制」そのものであります。
しかしながら当時の橋下知事は「議会が予算編成権をもち、予算作成に責任を持たなければならない」と「議会内閣制」の実現を訴えました。

当時の自民党は(他党もそうですが)、予算編成権に携わると出てきた予算案に対して健全なチェックをすることができないと反対しました。自分が作った予算案を否定することができるのでしょうか。
自民党の対応に橋下氏は批判をしました。

しかしながら現在はどうでしょうか。知事は議会内閣制推進派の松井氏であり、維新の会は過半数を握っています。今ならすぐにでも進めることができます。しかしながら、これまでの議会で議案に出てきていません。あれはなんだったのでしょうか。議会の過半数を握っていればそんなことは必要ではなく、反対に他党も予算策定に関与することになるので、しないのでしょうか。
直接聞くことができませんので真意はわかりませんが、そのいきさつがあるだけに橋下氏の「国の首長公選制」発言には違和感を感じます。

私自身は「国の首長公選制」は反対するものではありません。また「議会内閣制」のメリットもあると思います。
国のトップは安全保障や景気対策、教育内容など日本の未来を決めるものであります。

おりしもアメリカの大統領選挙が始まりました。
アメリカの大統領選挙は予備選から始まり、一年かけて政策を争って身内とも戦って行きます。
もし時期衆議院選挙で「国の首長公選制」が争点の一つとなるのなら、内容・決定過程とも議論が必要ではないでしょうか。
  1. 2012/01/04(水) 16:59:13|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/441-23d05e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。