徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

W選挙が終わり

久しぶりの更新です。
W選挙が終わりました。
私は知事には倉田氏を市長には平松氏を支援しましたが、大差で維新の候補に負けました。

投票率が前回から大きく上回ったことを考えると、大阪の人たちは「大阪府・大阪市・堺市での広域行政協議会」よりも「大阪都」を選択したのだと思います。特に「何か変えてくれるのでは」という期待が大きかったのではと感じています。それは既存の政党が期待されていない裏返しと思います。
この結果を真摯に受け止め検証し、これから活動しなければなりません。
特に政策自分の考えをの発信する方法は考えていかなければなりません。
倉田・平松両氏が掲げていた「大阪府・大阪市・堺市での広域行政協議会」という考えはどれだけ浸透していたでしょうか。この「協議会」は広域行政を一つの方向にするという点で「大阪都」とは方向性は同じで、方法論の違いだけなのです。

しかしながらその議論がほとんどなされないまま「大阪都」に突き進むのは問題があります。
国政でも「大阪都」を検討していくとなっている今、より深い議論が必要です。

良く「大阪都」にするのかしないのかというたとえに、「手術をするのか、漢方的治療をするのか」というたとえがありますが、私は「大阪都」は今までやったことのない手術方法もしくは新薬であり、「大阪府・大阪市・堺市での広域行政協議会」は今までの手術方法もしくは放射線治療のようなものではないでしょうか。
リスクを取ってまで手術を選択するのは判断の一つではありますが、そのリスクがなんであるか説明もないまま「この手術をしなければ治りませんよ」という言葉だけで選択するのはあまりにも危険です。
信任を得たからこそ、これからの大阪市政・府政ともに大阪の人たちが理解できるよう議論をしていただきたい。まだ住民投票という民意を問うハードルが残っていますので。

私もこれからさまざまな方法で発信していきます。
  1. 2011/11/30(水) 18:44:31|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/435-d6a4c0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。