徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成人病センター、仮処分申請

先日行われた成人病センターの説明・意見交換会の報告です。
その前に大手前地域の方から成人病センター移転建て替えに対する仮処分の申請がありました。
大阪府の大手前移転ありきの強引な進め方に対しての動きであります。
7日、8日のニュースや新聞に大きく取り上げられていました。

そのような状況の中で行われた会ですが、はっきり言って大変落胆するものでありました。
大阪府からの説明は今までと同じ様なものであり、前半の答弁は部長も答えることもせず、本気で来ている人たちに理解をしてもらおうとの意欲のかけらも感じられません。
また今回は、地域のほうから健康常任委員会の議員ならびに地域の議員に出席のお願いをしたのですが、来たのは自民党の宗清議員と民主党の中川議員とあと一人(たぶん民主党)確認できただけです。

私からは、移転したほうが早くできるためにガンの死亡率が低下するといっているが具体的にどのくらいかを聞いたところ、大阪府からは明確な答えは得られませんでした。これは先日の自民党代表質問でも聞いていることです。
このような不明確なものに対して100億~200億(今後の発展用地も含めて)ものお金を余計に掛ける。大手前に行くとWTC庁舎が残ったままであるので、350億もの無駄金が生じ(自民党試算)、合計500億前後もの無駄なお金が成人病センター移転することによって発生するのです。その理由を明確に答えられないとはどんな政策なのでしょうか。
建て替えの議論は結論ありきの府民の利益は一つも考えていません。知事も答弁で現地が有利な結果であった府民アンケートに対して「議会の判断も民意である」と自分の都合のいいようにこたえています。
その結果が地域からでた仮処分の申請であります。また森之宮地区からは現地建て替えの要望と、移転するのなら公衆衛生研究所や健康科学センターなどすべて出て行ってくれといっています。
地域の大きな理解を得て存続してきた病院・施設であるのに、地域を無視をして行ってきた行政の失政の結果でしょう。
議決は21日です、まだまだやっていかなくてはなりません。本当の民意、大阪全体の利益を考えて。
  1. 2011/10/09(日) 12:48:31|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

民主党 柴谷府議も出席されていました。
  1. 2011/10/13(木) 09:57:16 |
  2. URL |
  3. クニ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

もう一人の方が柴谷府議だったんですね。面識がなく失礼をしました。

> 民主党 柴谷府議も出席されていました。
  1. 2011/10/13(木) 12:06:08 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/431-1108e3ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。