徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成人病センター建て替え説明・意見交換会

今日森之宮地区・大手前地区の地元住民への説明・意見交換会が行われた。
4時間近くにも及ぶ議論になり、ほとんどが橋下知事の考えている大手前移転に対する疑問・批判ばかりでした。
地域の方の想いは大変深く、強いものでありましたが、大阪府からの回答ははっきりしないものであり、橋下知事との話し合いを求めるものになっていきました。
もともと成人病センターの移転は大阪府庁舎のWTCへの移転から画策されたものでありますから、府庁舎の移転が断念した今、成人病センターの移転は意味がないものになっています。
健康医療部長や病院の総長も住民の方の意見を尊重し、今月末行われる大阪府の方向性を決める戦略本部会議を行うまでに知事と地域との話し合いが必要とのことを知事に強く意見するとの答弁を得て、終わりました。

しかしながら、つい先ほど行われた知事の囲み取材では、今日の様子を伝えて、住民と会うか聞いたところ、
会う必要がないと即答したとのこと。
ダムのときは、部局と知事の間に意見の相違があったので、自ら出かけたが、今回はそういうことはないとのこと。
今日の議論を踏まえて、出席をした府の最高幹部が話し合いは必要と言っているのに、今回は必要がないとはどういうことなのでしょうか。
自分の抱える政党が過半数を握るということは独裁制になるという危険もあるにもかかわらず、このようなコメントを即座に出すということは大変危うさ恐ろしさを感じます。
そして知事にとっては今日の説明・意見交換会は単なるセレモニー・ガス抜きとしか思っていなかったのでしょう。
こんな横暴は許されるものではありません。
  1. 2011/08/25(木) 22:54:09|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

コメント

残念ですが大阪府政には幻滅しました。今度は市が巻き込まれるとどうなるのか?自民党は独立候補なんか立てず超党派で橋下包囲網を構築すべき。
  1. 2011/08/26(金) 00:19:18 |
  2. URL |
  3. fusentaro #-
  4. [ 編集 ]

医療機関というものは地域住民だけのものでしょうか?市民病院ならいざしらず。
地域住民の声をメインに捉える必要性はどこに?ダムと同一に論じてどうする?だから、あなた落選するんですよ
  1. 2011/08/31(水) 08:35:10 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

大手前地区以外への移転でしたら、しかたがないところもあったとおもいます。
しかしながら、府庁舎の咲洲地区移転させるため、大手前地区の土地活用に無理やり成人病センターを持ってきたことが発端です。
大手前地区では費用は大きくなり、患者さんも利便性から現地を望んでいる、将来の発展をあきらめてまで大手前への移転にこだわる。これが府民のためになるのでしょうか。
咲洲庁舎移転が断念した今、大阪府はなぜ大手前でなければならない理由を説明するべきだと思っています。
お名前がない方のようですが、あなたは大手前地区が良いと思われているのはどんなところでしょうか。

> 医療機関というものは地域住民だけのものでしょうか?市民病院ならいざしらず。
> 地域住民の声をメインに捉える必要性はどこに?ダムと同一に論じてどうする?だから、あなた落選するんですよ
  1. 2011/08/31(水) 08:55:20 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

そもそも、私は大手町地区がベストという選択ではないです。大手町か現在地建て替えかという二者択一の問題として、移転がよいと判断です。理由は、①かの地の地盤が強固。基幹病院とすれば万が一の災害時に十分に対応できることが必要です。お金に替えられないのが人の命です。
② 早期に医療充実を図ることができる(建替えと移転では1年程度の時間的差異が生じる)。③交通の利便性が良い。
です。
自民党は何でもかんでも橋下行政に反対の立場としか映らないですよ、今のままでは。
  1. 2011/08/31(水) 15:06:34 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

返事をいただきありがとうございます。
しかしながら、お名前がない中のやりとりは難しいものなのでコメントいただけるならお名前ありでお願いいたします。
そもそも最初の観点から考え方が違っています。
過去からほとんどの府議会の会派より、成人病センターの早期建て替えの要望が出ています。
しかしながら財政難で実現しないという経緯があり、橋下知事が就任した際にも要望しましたが実現しませんでした。その中で検討していた中で現実的だったのは現地建て替えです。
その中で突然知事より「大手前」への移転建て替え案が出てきたのです。
これは府庁舎の咲洲への移転をしようとする動きの中で、政治的な色合いが色濃くあるものです。
当時の自民党政調会長(今は維新会派)は私に「まず大手前の移転ありきだから」と言いました。
これは真っ当な議会の在り方ではありません、当時現地建て替えに賛成の方も維新に行っている人もいますね。

何度も言うようですが私は建て替えには大賛成です。しかしながらなぜ「大手前」なんでしょう。

大手前が良いという理由を言っていただいた中で私の考えは。

①場所の問題は、大手前地区は上町断層の真上なので必ずしも安全とは言い切れません。これはどこも同じことであると思います。今までの議論の中では出てきませんでした。

②先ほどの言ったように、もともと大手前が早く建て替えることができるからということで、出てきた話ではありません。現地案が自民党より出てきたのでその対応として出してきたものです。というか現地案に対して有利なのはこれしかなかったのでしょう。それ以外ははるかに現地案が有利だと思っています。
また「一日も早く」というなら、知事は就任当初から大手前への移転建て替えを表明するべきです。またこの2月に3分の2以上の賛成で移転白紙になった後、5月議会で現地案を進める議案を通せば、今回おそらく10月半ばに決まるであろう移転案との工期の差は半年も縮まっているはずです。

③交通の利便性ははるかに現地が良いです。これは前副院長をはじめ成人病センターの医療関係者からの複数の意見です。これを大阪府はインターネットのサイトを使用しあたかもほぼ同等のように言っているだけです。
歩けばはっきりとわかることです。

これだけ遅れているのは知事が「大手前」こだわっているからなのです。

私は知事の「大阪を変える」という考えは大賛成です。今もそのつもりで微力ながら努力しています。
しかしながら知事の「政治手法」には全面的に反対しています。その典型的な例が成人病センター建て替えです。
議員・議会は行政・知事に対して是々非々で行うべきです。それは府民の皆さんもそうであってもらいたいと思っています。

もしご意見いただけるなら、私の現地が有利だという主張に反論いただければと思います。そのほうが双方にとって有意義ではないでしょうか。
また最初のコメントの最後にあるような言葉は、大変残念でありません。せっかくの議論をする機会を失うようなものであります。

長文失礼しました。



> そもそも、私は大手町地区がベストという選択ではないです。大手町か現在地建て替えかという二者択一の問題として、移転がよいと判断です。理由は、①かの地の地盤が強固。基幹病院とすれば万が一の災害時に十分に対応できることが必要です。お金に替えられないのが人の命です。
> ② 早期に医療充実を図ることができる(建替えと移転では1年程度の時間的差異が生じる)。③交通の利便性が良い。
> です。
> 自民党は何でもかんでも橋下行政に反対の立場としか映らないですよ、今のままでは。
  1. 2011/09/01(木) 09:48:29 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/423-a4be0487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。