徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

成人病センター建て替え、WTC庁舎について

先日、自民党大阪府議団の勉強会に参加させていただいた。
内容は、成人病センター建て替えの大阪府としての今後の進め方と、WTC庁舎の安全性についてです。
成人病センター建て替えについては、2月議会の議決を踏まえ、現地建て替え案と移転案を外部(ゼネコン等)に評価をしてもらい、9月議会に方向性を決めていくとのこと。
疑問に思うのは、1日も早く建て替えをしなければならないので移転と言っていたのに、スピード感が全然足らないというところです。
私からも、現地建て替えにおける工期の問題要素であった、公衆衛生研究所のりんくう移転案(自民案)に対して、泉佐野市にアプローチをしたのかとの問いに、「していない、する予定もない」との答えであったことです。
ある維新府議のブログにも書いていたように、口では現地案と移転案はフラットに検討するといいながら、内々の方向性は移転案ですすめ、その材料づくりに時間をかけているようです。
それが本当に府民のためにどこがよいのか検討する姿なのでしょうか。

またWTC庁舎の地震における安全性についての大阪府の見解ですが、近い将来起こる可能性が高い東南海沖地震に対して、新たに対策をすることによりWTC庁舎は大丈夫であるとのことです。
しかしながら、周辺地域の状況は何ら説明されておらず、担当は危機管理室であり、周辺状況についてはもうすぐ出るとのことでした。
問題はWTCが府庁舎として機能するのかであり、そこには咲洲に行くことが可能かも含まれます。
津波の被害を受ければ、行くことさえできなくなるのではないでしょうか。
大阪府の説明はWTCは大丈夫という流れを作りたいように思えます。

以前のブログにも書いたように、一年前のWTC買い取りの議案に対しては私は大阪の経済活性化のためにはと思い賛成をしました。
しかしながら震災後の今、間違っていたものは真摯に変えていけないのではないでしょうか。
それが政治家として正しい判断をすることです。
  1. 2011/05/21(土) 22:24:49|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/412-7cb4b0eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。