徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

区長準公選制とは

今日の報道で、大阪市が区長の準公選制を検討する研究会を設置するとあった。
地域主権からいうと、一歩進んだ形になるかもしれないし、地域のコミュニティーを壊すような維新の大阪都政・特別区案に比べると現実的なものかもしれない。
地域住民への行政サービスは、社会福祉協議会や青少年指導員、民生委員など多くの住民の方の協力が必要であり、様々な理由をつけてそういうものを否定する維新の考えは理解できないからである。
しかしながら準公選制とは一体どんなものだろうか。
報道では住民投票をして、その結果を参考に市長が任命するとなっているが、それでは地域主権とはかけ離れたものとなる。もっと重要なのは、各区にどれだけ自由にできる予算があるのかということである。
昨年も大阪市は「区政会議」の設置を打ち出したが、期待したものではなかった。それは今までより予算が区に来ることがあまりないからである。
当時区役所から説明を受けたが、今回の区長準公選制も合わせてどちらも予算の部分があいまいである。
議会でもこの5月から議論してもらい、現実的で地域主権が実現できるものを一日も早く作っていただきたい。
各会派の姿勢も問われるものになるのではないだろうか。
  1. 2011/05/11(水) 18:05:37|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/408-57ff1824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。