徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このゆびとーまれ・歌声喫茶

やっと暑さも和らいできて、気持ちの良い風が吹きだしてきました。
先週末は、敬老会が多く開催され、また運動会も始まりました。
二男の幼稚園の運動会もこの日曜日にあり、幼稚園のお手伝いもしているため、敬老会の合間をぬっての準備や片づけ、親子競技の参加など目まぐるしい週末でした。でも子供のうれしそうに頑張っている姿をみると疲れもあまり感じられませんね。

その中、東成区民ホールで「このゆびとーまれ」という講演会があり、聞きに行きました。
「このゆびとーまれ」という言葉に聞き覚えがあったのですが、なんだったかなと思い行ったのですが、「このゆびとーまれ」とは富山県から始まった新しい形のデイサービス(富山型小規模多機能デイサービス)の施設のことであり、代表の惣万(そうまん)さんと副代表の西村さんが開設から今までの話をされました。
私が「このゆびとーまれ」を記憶していたのは、健康福祉常任委員会の時に富山型小規模多機能デイサービスを視察に行き、「このゆびとーまれ」が最初の施設ということで記憶に残っていたのでした。

富山型小規模多機能デイサービスというのは、対象者を限定・集団的ケア・住み慣れた場所から離れるという従来の方式から、住み慣れた場所で、赤ちゃんからお年寄りまで面倒を見て、第二の家になるような場所をイメージしたものです。また障害のある方も受け入れ、「このゆびとーまれ」は障害のある方も働いています。
そして「赤ちゃんからお年寄りまで障害があってもなくても共に生きる東成に!」という思いからの講演でした。

「このゆびとーまれ」の理念である「だれもが、地域で、共に暮らす」ということは大変素晴らしいことであり、それだけに理念を実現するための大変さを感じました。何より地域の方々の協力が必要なのだと。
富山と大阪の地域性や人と人の距離感も違いますが、可能な限り実現するために努力していかなければならないことを改めて感じました。
SH3E0060.jpg

また帰る途中、今里新道筋商店街にある地域交流拠点「新道パトリ」では、歌声喫茶を開催していて、私も飛び入り参加させていただき皆さんと歌をうたいました。
「新道パトリ」は地域の高齢者が憩いながら生活、医療相談などができる交流施設であり、地域の人たちが運営しているものであります。
SH3E0064.jpg

  1. 2010/09/21(火) 23:33:24|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/361-49ca25b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。