徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

民主党代表選と自民党新執行部

民主党の代表選が行われていますが、本当に日本の首相を決める事実上の戦いなのでしょうか。
まともな政策論議をせずに、片や任期終了まで解散をしないというニンジンをぶら下げて、首相の責務よりもただ通りたいだけの候補。片や起訴される可能性が高いにもかかわらず、実権をにぎるためになりふり構わず甘い言葉を並べ、さもそれが日本のためだと声高にしゃべる取り巻きのいる候補。
本当に国民のことを考えているのでしょうか。
一つの党の中に正反対の考え方をもつ2つの党があるとしか思えない。ただ政権をとるためにくっついているだけである、国民不在。

一方自民党は新執行部が決まり、大変若返った。喜ばしいことである。しかしながらこれからどうするのかが重要である。悲しいかなアピールをしているように思えない。
まずは国民に聞いてもらうにはどうしたらいいかを考えなければ。

先の参議院選挙の時に、支援者の家族と話をしていた時、奥さんから「自民党は何をやっているのか全然わからん、それに対して橋下知事は大阪都構想とかで頑張っているやないか」ときつい言葉をいただいた。
私はその奥さんに、1時間近く自民党の政策などを話をしたのですが、答えは「ようわからん、橋下さんのほうが頑張っている」。
そこで私は「じゃあ大阪都構想はどんなものか知っていますか」と聞いたら、「知らんけど知事は頑張っている」と。
その時に、痛切に「自民党はあかん」と判断されたら、それを変える、いや話を聞いてもらうだけでも大変だと実感しました。
今の自民党はまず話を聞いてもらえる努力をしなければならない、そのためには振り向いてもらえるようなものを
提示しなければならない。それが人気取りだの自民党としての重みがないだのと言ってられません。
まず皆さんに政策・将来のビジョンを聞いてもらわなければ意味がありません。
それも含めて新執行部に期待をしています。

そして大阪の自民党が最初の反撃ののろしを上げていかなければ。
  1. 2010/09/11(土) 18:30:00|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

根拠がある訳ではありませんが、民主党代表選は出来レースのような気がします。
小沢氏が悪役になって菅内閣の支持率再浮上を狙う。こんな感じですかね。
特に幹事長ポストを小沢系の人がとったら、ほぼ当たりですかね。
官房長官も幹事長も留任ならば、分裂の可能性もありえますね。


自民党の支持が増えないのは当然でしょうねぇ。
何も変わってないし、あまり変わる気配もない。
小泉元首相が支持されたも「自民党をぶっ壊す」と言ってたからですし、その頃から国民は旧来型の自民党政治ではダメだ、という意思表示をずっとしてると思いますよ。
バブル崩壊後の長引く不況とデフレに自民党は有効な手をうてなかったという現実があります。
その失望が小泉氏の高支持率とその後の政権交代なんでしょうね。

谷垣総裁になって、何か日本が浮上するような感じがしますか?
消費税増税なんて、国民が苦しみ、景気が一段と悪くなるだけですよ?
そもそも国民が借金をしてるのではなく、「国が国民に借金をしてる」のですよ?
それを、なぜ国民が税金という形で、貸してる立場なのに自分で返さなければならないのですか?
結果論ですが、全ては時の政府の経済政策が失敗したからです。そのツケを国民に払わせるのを誰が納得しますか?
先ずやらなければならないことは失敗の責任をとって、国会議員と国家公務員の給料削減でしょう。
橋下知事が高支持率なのは、府でこういうことをやったからでしょう。

「新執行部に期待をしています」とありますが、そこが一番問題だと思います。
ほとんどの国民は谷垣政権を期待しているとは思えません。
石原新幹事長も菅内閣となら連携もありうる、というようなことを言ってるみたいですが、菅再選となっても支持率はまた急降下しますよ。
あの人の話には中身がないから、すぐに行き詰るのは明らかです。
いくら「雇用」と叫んでも、具体的な政策を言ってないし、そもそも介護・医療分野は若い人が就業を望んでいないんだから100%空振りしますね。

自民党大阪は自民党本部の政策を期待するのではなく、独自の政策を打ち出すべきだと思います。
自民党本部は地方重視の政策に為らざるを得ず、大都市の大阪はその恩恵を受けられず、搾取されっ放しという状態で利害が一致するとは思えません。
大阪選出の国会議員や地方議員は、大阪と自民党のどちらが優先順位高いんでしょうね?
それが知りたい。

都市住民は田舎に税金をバラ撒くなんてもうウンザリだ、という気持ちだと思います。
全国津々浦々に無駄な地方空港を作ったのも自民党政権だし、ここのところの反省とこれからどうするというのを打ち出さなければ自民党の支持率は絶対に回復しないと思いますよ。
もう下野したんだし官僚と決別宣言した方がいいんじゃないですかね。
そうしないと「攻め手」がないです。

大阪においては、みんなの党が維新の会に秋波を送っているようですね。
連携されると自民党大阪は大きなダメージを受けることになるでしょう。
副政調会長としては、早急に維新の会と政策の擦り合わせを行い、政策提携するのが得策だと思います。
  1. 2010/09/12(日) 21:46:57 |
  2. URL |
  3. imzt #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

imztさん、厳しいコメントありがとうございます。

> 根拠がある訳ではありませんが、民主党代表選は出来レースのような気がします。

私はそうは思っていません、支持率上昇は小沢氏より菅氏のほうがいいという流れが出てきているだけだと思っています。支持率が上がった間何をしたのでしょうか。

> 自民党の支持が増えないのは当然でしょうねぇ。
> 何も変わってないし、あまり変わる気配もない。

そう思われているのが最大の問題点だと思っています。

> 「新執行部に期待をしています」とありますが、そこが一番問題だと思います。
> ほとんどの国民は谷垣政権を期待しているとは思えません。

私はそうは思っていません、そう思っていたら維新の会に行っているでしょうね(笑)

> 石原新幹事長も菅内閣となら連携もありうる、というようなことを言ってるみたいですが、菅再選となっても支持率はまた急降下しますよ。

本当は石破氏に幹事長になってもらいたかったです。しかし3役に残ったので良しとしています。

> いくら「雇用」と叫んでも、具体的な政策を言ってないし、そもそも介護・医療分野は若い人が就業を望んでいないんだから100%空振りしますね。

望む望まないにかかわらず、今の高齢化社会を考えると介護・医療分野は今後人手は必要です。検討すべきは労働条件・未来の見える働きにすることです。それを作っていくことが政治家の役目だと思っています。

> 自民党本部は地方重視の政策に為らざるを得ず、大都市の大阪はその恩恵を受けられず、搾取されっ放しという状態で利害が一致するとは思えません。

自民党は地域主権をうたっています。それは地方重視の政策ではなく、地方が財源・権限も含めて地方が主体的に独自性を持って行政を行うものです。しかしながら今の自民党のメンバーをみるとそう思えないのでしょうね。そこを変えることを新執行部に望んでいるのです。

> 大阪選出の国会議員や地方議員は、大阪と自民党のどちらが優先順位高いんでしょうね?
> それが知りたい。

難しい問題ですね、国会議員は、選出された地域のことを考えながら国をどうしていくべきか、府会議員は私を例にとると、東成区のことを考えながら大阪府全体のことを考えなければならない。
私は大阪府全体の利益が東成区の利益になるような政策を打ち出していくことだと思っています。ですから大阪府の広域行政は大阪府で、住民に近い行政は大阪市がするべきだと思っています。
国会議員が自分の地域のことを考えていたから、数の多い地方よりの政策になったのではないでしょうか。

> 都市住民は田舎に税金をバラ撒くなんてもうウンザリだ、という気持ちだと思います。

その気持ちはわかります。大阪の国税をすべて大阪府で使うとなると財源は大変潤います。東京都なんかは大金持ちになりますね。しかしそれでいいのでしょうか

> 全国津々浦々に無駄な地方空港を作ったのも自民党政権だし、ここのところの反省とこれからどうするというのを打ち出さなければ自民党の支持率は絶対に回復しないと思いますよ。
> もう下野したんだし官僚と決別宣言した方がいいんじゃないですかね。

それを作った先輩方と決別しなければなりませんね

> 大阪においては、みんなの党が維新の会に秋波を送っているようですね。
> 連携されると自民党大阪は大きなダメージを受けることになるでしょう。
> 副政調会長としては、早急に維新の会と政策の擦り合わせを行い、政策提携するのが得策だと思います。

残念ながら維新の会は政策協定をすることを拒否しています。自民党大阪が大阪を変えていくよう1つの方向を出すようにしていきます。

議論がかみ合わなかったところはご容赦ください。これからもどんどん意見を言ってください、お待ちしています。

  1. 2010/09/13(月) 23:33:38 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

なるほど。維新の会は政策協定を拒否しているのですか。
それではどうしようもないですねぇ。
もう統一地方選に向けての候補者も発表しましたしね。
府会、市会とも対立候補を立ててきましたが、府会の候補者は行政書士の人のようですね。
地元の人ではないのかな?
まぁ、維新の会には弱点があるから、そこが攻めのポイントですかね。

自民党は離党した維新の会の候補者のところへ、公認候補を立てないのですか?
立てなければやられっ放しということになるし、立てたら共倒れにもなりかねない。
難しい選択でしょうが、候補者を立てるしか道ははないように思います。
一般的には候補者ありきではなく、党の地盤ありきで候補者を決めていくのではないかと推測しているのですが、地元の後援会や支持団体も揃って自民党を離脱したのでしょうか?
時間がない中で一番簡単なのは、議員の秘書を引き抜いて公認候補として立候補させることでしょうか。
秘書は地元にも顔がきくし、政治家希望者も多いですから。
維新の会が戦争だと言ってるのだから、戦争になるんでしょうねぇ。

知事は何期、今の職(市長になるにしても)続ける気なんでしょうかねぇ。
知事の人気とネームバリューがあれば国政にもうって出られるし、タレント弁護士としても十分やっていけます。
知事がいなくなったあとの維新の会はそのまま存続? ずっと知事が面倒をみてくれる保証はどこにもない。
これは維新の会の議員の心理的に不安材料になるでしょうね。
そこに自民党公認の対立候補をたてる、退路を断ってあげましょう。


外から見てると訳がわからないことが多いです。
自民党推薦で当選した知事が、自民党は敵だと言ってるし、谷川さんは大阪都構想に賛成のようなことを言ってるし、実際の中身がよくわからない状況ですが、「地域主権、二重行政の解消、住民基本サービスは市、広域行政は府」という部分ではほとんど同じ主張で、区の統合だけが違いですよね? あとは区長の公選制かな?
これで敵扱いするのはどうにかしてます。
かたや民主党推薦の平松市長にも闘いを挑んでいて、なんだか自分以外は全部敵という被害者妄想になってるとしか思えない維新の会ですねぇ(笑)

みんなの党は自前の候補者を立てて、維新の会に推薦して欲しいというようなことを言ってるみたいですが、次の選挙は候補者乱立になりそうです。
結局、これで得するのは民主党と公明党かな?
何をやってるんだか、という感じですねぇ・・・
  1. 2010/09/17(金) 21:38:10 |
  2. URL |
  3. imzt #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

imztさんコメントありがとうございます。

> なるほど。維新の会は政策協定を拒否しているのですか。

残念ですが事実です。自民党府議団とは多くの部分が同じ方向でしたが、違う部分が駄目だということでかたくなに拒否されました。しかしながら最近知事が言っている広域行政と基礎自治体の明確化は大阪都でなくても可能なので、どんどん近くなっているんですけどね。

東成区に出てきた候補者は地元の人ではないようです。ということは政策で出てきた方なのでぜひ話を聞いてみたいです。

> 自民党は離党した維新の会の候補者のところへ、公認候補を立てないのですか?

私は立てるべきだと思っています。
維新の会の方が自分たちも自民党大言っていた理由の一つに、維新のメンバーが増えたら党勢拡大につながるのだと。しかしながら現実には私のような自民党現職の1人区に自民党でない(おそらくですが)人を立ててくる。その人が当選すれば党勢拡大になるのでしょうか。
その点で私は自民党と維新の会は別の党と思っています。別の党だと党勢拡大のためにわが党の候補を自民党の現職がいない選挙区には候補を立てるべきだと考えます。

> 一般的には候補者ありきではなく、党の地盤ありきで候補者を決めていくのではないかと推測しているのですが、地元の後援会や支持団体も揃って自民党を離脱したのでしょうか?

その点が一番党として悩ましいところだと思いますが、そのままにしておけば党の存続にもかかわっていくことです。私はシンプルに選挙で戦うのだから別の政党である、当選してからは2元代表制の中協力するところは協力して進めるべきだと思っています。知事は行政のトップであり、議会は野党であるのが原則です。

> 外から見てると訳がわからないことが多いです。
> 自民党推薦で当選した知事が、自民党は敵だと言ってるし、谷川さんは大阪都構想に賛成のようなことを言ってるし、実際の中身がよくわからない状況ですが、「地域主権、二重行政の解消、住民基本サービスは市、広域行政は府」という部分ではほとんど同じ主張で、区の統合だけが違いですよね? あとは区長の公選制かな?
> これで敵扱いするのはどうにかしてます。

本当にそうですよ(笑)、しかしながら自民党の中にも感情で知事の政策を否定している人がいるのも事実です。
それも変えなければいけない。
まず大阪府民、大阪市民にとってなにが一番いいのか考えるべきです。いままでは様々な都合でまっすぐいけなかったのですが、知事のおかげで変わろうとしている。しかしながらその知事のせいでこんがらがってしまう。
難しいです(笑)

> みんなの党は自前の候補者を立てて、維新の会に推薦して欲しいというようなことを言ってるみたいですが、次の選挙は候補者乱立になりそうです。

自民党とは政策協定を結ぶことはできなかったのに、みんなの党とはできるとなるとどういう理由でできるのか大変興味があります。

  1. 2010/09/19(日) 21:50:52 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/360-3d600b46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。