徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ONE関西へ!

世の中は、ワールドカップの話で持ちきりです。私も今日のオランダ戦は大変楽しみにしています。
日韓ワールドカップの時は大阪市民として応募したチケットが当たり、この時ほど大阪市民でよかったと思ったことはありませんでした(笑)

それに劣らず、24日からの参議院選も大切なものであります。自民党も国民に期待される実行力・実現性のある公約を掲げ、戦っていかなければなりません。

自民党大阪府連においても、大阪府連独自のマニフェストを掲げました。
喫緊の課題である「雇用と中小企業対策」や「暮らし・安全安心」「教育立国大阪」などが重点項目としてありますが、先日の一般質問で述べた自民党としての大阪の在り方「ONE関西で未来を拓く」を謡っています。

自民党大阪府連は国の在り方を抜本的に見直し、新しい行政の形態として、道州制の導入に向けて取り組んでいきます。

わが自民党府議団は大阪府と大阪市が中心となって「ONE関西」、関西州の実現のために取り組んでいきます。
  1. 2010/06/19(土) 17:20:01|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

少し読んでみましたが

マニフェストを見てみましたが、あまり具体的なイメージが湧いてこないですね・・・
自民党の公約も少しみてみましたが、羽田~成田リニア開通はあるのに関空リニアは入ってなかったですね。
法人税減税もいいですが、条件をつける必要があると思います。
日本人全従業員の1/40(終身雇用40年として)を、当該年度に新規採用の日本人正社員として雇用した企業に限り法人税の減税を行う、といった感じに。

教育立国を掲げるのはいいのですが、何のための教育でしょうか?
就業のためならば、産業界と話し合い、どんな人材が求められているのかを探り、ニーズに合う教育プログラムを組み入れていく必要があると思います。
現状では、ソフトウェア技術者が不足しているような気がします。先端技術もソフトウェアをブラックボックス化して競争力の根源にしたり、オープン化して世界標準を狙ったりして競争力を維持しているようです。
また、ここ数年、ハードウェアが後進国に追いつかれる(盗まれる)期間が縮まっていますが、グーグル、アップルを見てもソフトウェアの強い企業が隆盛になっていると思います。
トヨタにしてもハイブリット技術はソフトウェアが電子制御の核になっているのではないでしょうか。
そういう意味で、大阪が優秀なソフトウェア技術者を生み出していくという政策を打ち出しては如何でしょうか?
従来の自民党の公共事業と言えば土木建設ですが、大阪の工科高校で土木科があるのは都島ぐらいではなかったですかね?
大阪の高校の卒業生がどれだけ土木建設業界に就職できているのですかねぇ?
地元の産業が強い分野の学生を生み出していく、これが大阪への定着率も高め人口増加も見込めるようになるのではないでしょうか。

ついでに、あともうひとつ。
私が小学生の頃は、1学年40人で4クラスあったのですが、聞くところによりますと今は1学年30人弱で1クラスだけだとか。
それだと教室が余りまくっているのでは?
一方で幼保一元化とか、幼稚園・保育園が足りないと言っていますが、既存の小学校と中学校の空き教室を低料金で民間の保育業者に貸し出せばよいのではないでしょうか?
幼保一元化なんて文科省と厚労省の下らない省益争いに過ぎないので、そんなものは無視して、現実問題の解決策として強行してしまえばいいように思いますが・・・(国民の理解が得られるというより支持されると思います)
子育てを卒業された方にボランティアになってもらって、低料金で地域で子育てするモデルケースとなるよう提案してみるというのは如何ですか?

ONE関西は、大阪市の区の分割と区長公選以外は、橋下知事の言ってることと大差ないような気がしますね(笑)
  1. 2010/06/21(月) 20:30:49 |
  2. URL |
  3. imzt #-
  4. [ 編集 ]

Re: 少し読んでみましたが

imztさん、いつも丁寧なコメント大変ありがとうございます。
機会があれば一度東成でお会いしたいですね(笑)

法人税減税(総合特区)ですが、先の一般質問でもしましたが、新規(アジアからも含めた)の企業が来ることによるメリットとデメリットを十分に検討しなければなりません。
既存の企業も頑張れる環境・仕組みづくりや、おっしゃるような雇用確保をするような、税収減に対しての地元のメリットを打ち出すのが大事です。

関空リニアは大阪府連のマニフェストには入っています。

教育に関しても、パネルベイ・ソーラーベイの推進にあわせた教育プログラムを学科として設けるのも面白いアイデアです。
一方で、大阪の教育の問題点として、学力の格差が激しいことが挙げられます。
学力の高い子が多いのと同時に、著しく点数の低い子がいるのが大阪の特徴であります。
私はここに対しての取り組みが必要だと考えています。それが地域と協力して行う「おおさか・まなび舎事業」や、地域ぐるみで学校を支援する「学校支援地域本部事業」のような施策だと思います。
大阪独自のアイデアをどんどん出していかなければなりませんね。

幼稚園・保育園の件本当にそう思います。
大阪府下には統廃合で使わなくなった高校が多くあります。そのような話も出ていましたので、実現化に向けるよう努力します。

ONE関西、知事が言っているのと大きく差はないと思いますよ。この方向は、以前から自民党大阪府議団が志向してきたものですから。
なのに対立候補を募集しているなんて、なんででしょうね(苦笑)



  1. 2010/06/22(火) 00:00:50 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

実現化に期待します

新しく法律を作るのも、法律を変えることができるのも政治家にしかできません。
戦乱の世の中以外では、国を大きく変えていくのは政治家にしかできないことです。

幼保の問題でも憲法に書かれていることではないですよね?省庁の利権争いの問題に過ぎませんよね。
現実として保育園に通わせたくてもできなくて困っている人が多くいます。
このことも少子化の一因にもなってますよね?
「学校の空きスペースを保育所として低料金で提供する」こういった議案を提案して反対する人がいるのでしょうか?
密室で利害関係者だけで議論するだけでなく、議会でオープンに議論すべき問題だと思います。
また、このことについて府民・市民に直接問いかけてみればいい話と思いますが・・・
まずは動くこと。動かなければ何も変わりませんよね。

教育の現状について全くわかっていませんが、学力格差がそんなに酷いんですか。
昔もそんなに変わらないと思いますが、生徒個々の習熟段階や習熟度に合わせた授業ができないから、落ちこぼれていく生徒がでてくるんでしょうねぇ。
教育の現場って、どれぐらいIT技術が入ってるのでしょうか?
それぞれの科目毎に生徒個々の「習熟段階」や「習熟度」がデータベース化されてるのでしょうか?
また、試験問題も習熟段階別にデータベース化されて、それを教師がチョイスして試験問題を簡単に作れるといった省力化が図れているのでしょうか?
教師に生徒の学力向上に専念してもらうため、周りの環境整備も重要ですね。
学校の安全対策のために、警察官OBがパチンコ屋に天下りするのではなく、学校警備やモンスターペアレント対応に力を発揮してもらうとか、色々な方策があると思います。
また、訴訟対策として、地元の弁護士事務所と年間契約しておく等々。

維新の会に行った人は来年4月の結果がでるまでは戻ってこないと思いますよ。
除名等の強行手段をとれば、自民党大阪の崩壊になると思います。
維新の会が対立候補を立てれば、今の状況ではまず全勝するでしょう。
とにかく「生き残る」ことを最優先に考えるのが得策と思います。
知事の意見はコロコロ変わってます。よく言えば「柔軟」、悪く言えば「節操がない」
来年の今頃には大阪都のことなんて知事の談話で一言も出てこなくなってる可能性すらあります(笑)
維新の会の主張も自民党大阪の主張もほとんど差がないのだから、対立する必要性がどこにあるのかな?
ここはスパッと割り切って、提携することですね。
① 区長公選には賛成。
② 区の再編については、住民サービスの低下をまねかないよう区民の意見を最大限尊重し、協議を重ねていく。
③ 二重行政解消は賛成。それぞれの担当を府と市で予算、権限、人員をトレードする。
③ 府(州)は広域行政を担当するものとし、複数の市や他府県をまたぐようなインフラ整備等の事業の計画、施行を行うものとする。
④ 市は住民サービス全般を行うものとし、管轄内のインフラ、施設等の維持管理を行うものとする。
⑤ 水道事業は府市統合し、民営化する。
⑥ 住宅事業は民営化する。
⑦ 環境事業は民営化する。
⑧ 大阪市営地下鉄は民営化し、その株式の配当金を老人優待パスの原資とする。
⑨ 市バスも民営化する。
こんな感じで提携合意できないものですかね?

区の再編については、福島区補選での「区がなくなる」キャンペーンで、知事も相当困っていたようなので、再考される可能性は高いと思いますよ。
  1. 2010/06/23(水) 20:07:34 |
  2. URL |
  3. imzt #-
  4. [ 編集 ]

Re: 実現化に期待します

imztさん、コメントありがとうございます。

いつも厳しく温かいコメントありがとうございます。
私も政治家のはしくれとして、何をするべきかを常に意識しながら行動していきます。

子育て環境の問題も取り組んでいきます。

教育の問題は、現実に小学校で教わるカリキュラムの3割は理解できないまま進んでしまうという話です。
ある家庭では塾などでカバーすることもありますが、そのまま落ちこぼれてしまい、非行の一因となっています。
それを何とかするため、「土曜日寺子屋、通称ドテラ」の藤原氏や「百マス計算」の蔭山氏を特別顧問において、学力の底上げを図っています。それが「おおさか・まなび舎事業」や、地域ぐるみで学校を支援する「学校支援地域本部事業」なのです。

維新の会との関係ですが、今日の報道でもあったように、来年の地方統一選に相手候補を立てるのであれば、維新の会は自民党とは別の政党といえるでしょうね。
今回の話は、現在時点において別政党といえる維新の会に所属している自民党議員に対してどうするのかと聴いているのだと思います。
私はimztさんのおっしゃる通り維新の会と国政でしているような政策協定を結ぶことができればと思っています。
提案されているものは私たちもほぼ同じ考えですよ(笑)
また自民党として、私たちがしなければいけないのは、自民党大阪市議団と同じ歩調をとり、自民党が大阪の改革を一つの方向でまとめることです。
そのほうが大阪の改革により近付けると思いませんか?
私はこの一連の動きが新しい動きになる一歩になることを期待しています。

  1. 2010/06/23(水) 23:31:00 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/345-f5073e53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。