徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日の大阪のために

今日も基本政策案の検討会があり、大ベテランの先生から私のような1年生議員が議論しながら大阪再生のための案を考えています。
大阪市議団とは先週に執行部で意見交換会があり、府市とも協力して大阪再生へ共通の政策案を出していくとのことであります。
また今週にも2回目の協議会があり、最終的には参議院選の自民党大阪府連のマニフェストに入れたいと考えています。
大阪を変えるために現実も念頭に置きながら、地域主権の実現というゴールを目指し具体案を考えていきます。

福島区の大阪市議会の補選は自民党から公認候補が出る予定です。
来る参議院選への自民党再生への前哨戦としてとらえて、民主党に対抗できる党として国民の皆さんに訴えていきたいと思います。
  1. 2010/04/26(月) 22:55:37|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント

市議補選は「参議院選への自民党再生への前哨戦」にはならないと思います。
知事が言ってるのは「中央集権VS地方分権」ですので、維新の会以外は中央主権体制支持という位置付けになるのでしょうね。
既成政党は中央主権を前提に結成されている感じがしますし、市議補選での維新の会の論争とは噛み合わないような気がします。
富の分配システムに大阪には不満が鬱積しているように思います。
大阪で稼いだ税収等は大阪で再投資・分配するのが望ましい。
中央集権体制で大阪の富の3/4が首都や地方に吸い取られてしまう・・・
戦後復興や地方の均衡ある発展で現在まで大阪は搾取されっ放しですが、このような状態をいつまで続けるのか?
地方への過去の公共工事で膨れ上がった土木業者を延命させるために、いつまで大阪が税金を納めなければならないのか?
大阪選出の国会議員、地方議員は、「人口当たりの公共投資額」や「一人当たりの国道距離」やその他諸々の統計数字をもって、どのような数値になったら大阪が上納するのをやめられるのか回答してくれる人がいるのでしょうか?
日本国憲法第14条には、「すべて国民は、法の下に平等であって・・・」とありますが、税の負担と還元も平等であるべきと考えますが、どうなんでしょうか?
知事と維新の会の主張には、「地方主権、One大阪」というのがあり、これが大阪に予算と権限をと主張しており、自民党大阪はこれに対してどのようにして論戦を挑むのでしょうか。
  1. 2010/05/07(金) 19:43:27 |
  2. URL |
  3. imat #-
  4. [ 編集 ]

Name間違えました・・・

コメントついでにこれからの予想を。
福島区市議補選で維新の会候補が圧勝
  ↓
自民党大阪が動揺し、維新の会へ参加表明する議員が続出する。
  ↓
実質的に自民党大阪として機能しなくなり、自民党大阪として維新の会に合流。
(大阪市議の一部とは分裂の可能性ありますね)

参議院選は民主党の一人負けになるのではないでしょうか?
大阪は岡部さん当選でおだちさん落選かも?
さて、どうなりますかね。
  1. 2010/05/07(金) 19:49:55 |
  2. URL |
  3. imzt #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

imztさんコメントありがとうございます。

今までの中央集権から出来上がったのが既存の政党ですから、そう思われるのは仕方のないところだと思います。
ただその仕組みに無理矛盾が出てきたのが現状であり、解答の一つが地域主権であると思います。
しかしながら大阪で稼いだ税収等は大阪で再投資・分配するのが望ましいとなると、地方の財政は成り立たなくなるのではないでしょうか。へたをすると、関東だけがどんどん良くなり他の地域は疲弊する恐れもあります。
中央は国の安全や方向性を決め、各地域に財源を分け与えて各地域の特性・特色を生かしたものに財源を特化できるような仕組みづくりというのが、おおざっぱでありますがま私の考える地域主権のイメージです。

今後については予想しづらいですが、もし負けた場合はimztさんのおっしゃることになるかもしれませんが、政令都市以外の市町村はなかなか維新の会に行かないのではないでしょうか。

ただ自民党再生の第一歩として福島区の補選に頑張るのみです。
  1. 2010/05/08(土) 19:14:05 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/335-e5e38501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。