徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

EV(電気自動車)に試乗!

2月8日・9日に商工労働委員会のメンバーで東京・神奈川へ視察に行ったのですが、そこで厚木市にある日産自動車先端技術開発センターに行きました。
先端技術開発センターは10年20年先の開発を主としており、そこで開発されたEV(電気自動車)の開発技術と将来展望について日産の取り組みの説明を受けました。
地球温暖化への取り組み(CO2削減)として電気自動車は大きな効果をもたらすもので、「環境都市ナンバー1」を掲げる大阪府としては、将来的にEVや新エネルギー関連産業の集積を促すことを目的とした、「大阪EVアクションプログラム」を策定しています。
その中で今年発売される日産のEV「リーフ」の説明と試乗をしました。
性能は時速140km以上で走行距離は160km以上とのことでありました。普及に向けての課題としてはやはり①充電インフラの整備 ②価格がガソリン車より高くなってしまう 点ということでした。

しかしながら試乗するとそんなことは吹き飛んでしまいました!
何という気持ちのよい加速感なのでしょうか!モーター特有のスムーズさで、変な感覚ではなく大排気量車なみの加速です。聞くところによると3000~3500ccクラスのガソリン車並みの加速だそうです。また重量のある電池が車体の底面にあるため重心が低くて安定感があります。
価格もがんばって300万円少しにしたいとのこと(補助も含めて)です。

価格は少し高いですが、大変魅力のあるものになっています。低価格化の大きな要素である電池も大阪府は力を入れているところであります!(残念ですが「リーフ」は日産とNECの共同開発品ですが)
既存の車のイメージが大きく変わった体験でした。
今までのガソリン車とは部品点数が少なく、モーターになることで設計の自由度が大きくなり、小さなメーカーが個性のある車を作れる可能性もあります。
これからの新しい産業としても可能性があるのではないでしょうか。

RIMG0588_R2.jpg
RIMG0599_R2.jpg
テスト車なのでボディーは現行車のもの(おそらくティーダ)をベースにしています

RIMG0595_R2.jpg




  1. 2010/02/13(土) 18:20:15|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/321-4250eec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。