徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福井・富山県行政視察

先日の25日・26日と福井・富山県に行政視察に行ってきました。
福井では教育問題(学力は全国トップクラス、体力は全国1位)、富山では市町村合併、医薬品を中心とする産学官連携の取り組み、農林水産試験研究機関の再編等を視察してきました。

私の担当は農林水産試験研究機関の再編でありましたので、ご報告させていただきます。


富山県では、財源不足の対応として平成17年に富山県行政改革推進会議を設置し、行政改革を進めてきた。
最初は県営スキー場や国際センターの日本語学校の廃止などのから始まり、試験研究機関の検証と見直しを行った。
その中で今回は農林水産業振興分野としての農林水産試験研究機関の再編についてです。

農林水産業振興分野は食品研究所、農業技術センター(農業試験所・野菜花き試験場・果樹試験場・畜産試験場)、林業技術センター(林業試験場・木材試験場)水産試験場があり、それらの企画・調整機能を一元化するため、平成20年に「農林水産総合技術センター」を設置した。

概要は、先述の4研究所を
・農業研究所(富山市)
・園芸研究所(砺波市)
  ・果樹研究センター(魚津市)
  ・畜産研究所(富山市)
  ・食品研究所(富山市)
  ・森林研究所(立山町)
  ・木材研究所(射水市)
  ・水産研究所(滑川市)
に再編し、各研究所を統合する企画管理部があります

(1) 統合による本部機能の集約・強化

① 統合する全試験研究機関のマネジメント業務を統括する機能を現行の農業技術センターの  企画管理部総務課に集約

② 企画情報を一元化し、研究全体のコーディネートを行う

(2) 統合による期待されるもの

富山の自然・気候・風土などの特性をふまえた特色のある研究や地域密着型の研究、成果が
 すぐに現場に活かされる実用性の高い研究に重点を置く。
例として
① とやまブランド確立のための技術支援
② 水田複合経営推進のための技術支援
③ 環境への負荷を軽減するための技術支援
④ 県民の安全・安心を確保するための技術支援
⑤ バイオテクノロジーを活用した技術開発
などが考えられる

(3) 研究推進の基本方向
  
① 限られた人員・予算・施設などの研究資源を集中して研究の重点化に取り組む 
② 大学、独立行政法人、県外公立試験研究機関、民間企業と幅広く連携し、公募型の研究課題に積極的に取り組む。併せて外部資金の獲得による研究予算の確保に努める。


③ 農林水産総合技術センターの各研究機関がそれぞれの研究領域を超えて共同で取り組むべき課題を「所長重点化枠研究課題として具体化し、研究に取り組む。また研究課題について各研究所の中堅・若手研究員によるワーキンググループを設置し、さまざまなアイデアを出し合い議論を重ねて研究内容や役割分担などについて調整し具体化している。
21年度の研究課題としては
・廃材を利用した農林業用皮膜シートの開発(園芸・木材研究所)
・ビタミンEなどを含む新機能性米を活用した富山オリジナル食品の開発(農業・畜産・食品研究所)
などがあり、今までの実績としては酒米有望系統「富の香」を開発し、「富の香」の醸造特性を活かした新規地酒の開発をしています。

(4) 今後の課題

厳しい財政状況のため、より一層の効率化が求められ、人材確保も問題となっている。
また各研究所が富山一円に点在しているため、連絡調整に時間がかかり、ペーパーレス化や
情報連絡の効率化に取り組んでいる。


  1. 2010/01/30(土) 22:16:26|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

今後日本は、食料自給率を上げていかなければ、国として成り立っていかないでしょうね。
その為には農林水産研究は重要な位置づけではないでしょうか。
行政として、もっともっと農林水産分野に取り組んでください。
期待してますよ~~。
  1. 2010/01/31(日) 10:47:32 |
  2. URL |
  3. F.R #HfMzn2gY
  4. [ 編集 ]

F.Rさん
先日はお疲れさまでした、あまり話ができず残念です。

日本はもっと食料自給率を上げなければなりませんね。
また日本の農産物は世界に対しても大変品質の良いものとして需要があるはずです。(大阪もんもありますよね)
雇用創出も含めて取り組むべき課題だと思っています。
  1. 2010/01/31(日) 17:48:13 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/318-5d53b77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。