徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国旗常時掲揚条例

今年もあと2週間と少しとなり、平日の夜は忘年会、週末はもちつきとバタバタしています。今年はすでに20回ほどもちをついたのではないでしょうか。来週の日曜日には自宅横で慎友会のもちつきも行います。頑張らなければいけませんね!

9月議会も15日に最終日を迎えます。9月から12月までのロングランであり、今回は一般質問の機会をいただきまた決算特別委員会にも所属したため忙しい日々を過ごしました。
そして最終日には議案の採決がありますが、今回我が会派から提出した議案に「国旗常時掲揚条例」があります。
学校では、指導要領で、国旗掲揚と国歌斉唱を義務づけられており、昭和38年には「学校も含む府施設での常時掲揚」を府議会決議で決めました。しかし、ほとんどの施設で掲揚されるようになったにもかかわらず、一部の府立学校だけは掲揚しない状態が続いていました。
その中、同期の西田 薫議員が教育委員会で知事に質問し、それがきっかけで議会へ議案を提出こととなったのです。
しかしながら理由は定かではありませんが、議案に対して他会派では慎重な論議が必要との意見があり、審議継続となる可能性が出てきました。
私としては本来日本を愛する気持ちは誰もが持っているもので、国旗を掲揚するというのは当然のことだと思います。
そして当たり前のことが何かしらの問題がありできないのなら、義務づけもしなければならないと思います。
予断ではありますが、昭和38年の決議には私の祖父である徳永金市も提案者として名を連ね、40年以上隔てた中の同じ思いを感じました。
15日の採決日にはぜひ「国旗常時掲揚条例」案を通したいと思います。

もちつき大成

  1. 2009/12/13(日) 21:59:30|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

大阪府の施設における国旗の掲揚に関する条例案、いわゆる「日の丸」常時掲揚条例案を可決しないでください。
1999年の国旗国歌法には、国民の思想良心の自由に配慮して義務的条項が入らなかったことを深く受け止めてください。当時の法律制定を推進した野中広務官房長官も、現場に「強要しない」ことを国会答弁し、現在も義務的条項を入れなかったことがよかったといっておられます。
府民の中には、戦争中に「日の丸」が子どもたちを戦場に駆り立てる役割を果たしたことから、その掲揚に疑問を持つ人もいます。自らの宗教上の理由から抵抗感を持つ人も少なくありません。「日の丸」常時掲揚は、憲法で定める思想良心の自由をないがしろにするものです。

  1. 2009/12/13(日) 23:14:48 |
  2. URL |
  3. 平純生 #-
  4. [ 編集 ]

日本という国に対して自覚のない国民が多すぎると普段から思っておりました。そういう中でありますから代議士等の志のある方々がまさに率先していくべき所だと思います。
国旗は国を象徴する普遍的な物です。どうどうと掲げていくべきです!
日本が嫌いな中国や韓国の在住人の方などから批難なされたり、いろいろな考えのもとで批判もあるかと思いますが、どんどん広めていって頂きたいと思います。
  1. 2010/02/24(水) 20:10:32 |
  2. URL |
  3. 大歓迎 #ZFPdhQVM
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/309-f148a8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。