徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

一夜明けて

昨日の採決から一日経ちました。
新聞各紙、テレビでの報道をみながら、そして自分自身のなかで今回の結果を考えながら書いています。
月曜日の9時過ぎに登庁してから30時間近く、ほとんど眠らない中、さまざまなことがありました。
維新の会につづく5人の離団者、他会派の突然の方針転換から様々な動きがあり、一つにまとまった方向性を出していたわが会派も最終的には自主投票となりました。
結果としては府民の皆さんにはわかりずらいものとなりましたが、私としては大阪を変えていく、活性化をしていく上で大きな大きな一歩を踏み出せたのではないかと思っています。WTC購入の期日が12月に迫っている中、その機会を失うことを考えた上の議会の判断だったと思っています。
また今回のわかりにくい結果になったことには、当然説明をしなければならない責任はありますので、さまざまな機会に説明をしていきます。

また私のとって大変重要な案件でありました、成人病センターの大手前移転建て替えについての計画を検討するための費用の議案(大手前への移転建て替えはまだ決定していませんが、今後大手前への移転を前提に進んでいくというものです)は可決されました。
私は現地建て替えが、メリット・デメリットも考慮した上でいちばんいい案だと一般質問や自民党内での議論のなかで訴えてきました。
結果としては私の案ではありませんでしたが、議論の過程の中、私の考えと同じ思いを持つ多くの先生方からも意見が出て、議場での自民党の意見を述べる場で、まっさきに成人病センターの移転建て替え案については、森ノ宮の跡地の利用案が良いものが出なかった場合には、移転建て替え案を再度検討することを表明することとなり、議場で聞いている間、私の思いに対してがっばていただいた先生方の思いを感じ、胸が熱くなりました。
その内容は以下の通りです。

平成21年9月定例会 自由民主党大阪府議会議員団 討論 (一部抜粋)

『「地方独立行政法人大阪府立病院機構」が実施する府立成人病センターの建替え整備に関する基本構想の策定経費の一部を負担する件』であります。現在、森ノ宮にある府立成人病センター敷地の活用方策が何ら示されずに、大手前地区へ移転建替えの方針が示されたことにつきましては、拙速に進みすぎているのではないかと思われます。かねてから同センターの建替えを強く主張してきた我が会派としては、建替えには賛成でありますが、移転するのであれば、現在の敷地の活用計画案とセットで示され、議会で議論すべきと考えます。はじめから移転ありきで提案され、跡地利用計画が示されていませんので、移転建替え計画が性急に進みすぎています。したがいまして、森ノ宮の成人病センターの跡地活用につきましては、「森ノ宮健康ゾーン」の位置づけも含め、「大手前まちづくり検討会」において、しっかりと議論していただくとともに、森ノ宮地区の活性化が図られるような跡地利用計画が年度末までに策定されない場合は、大手前地区への移転について、再度検討を求めることがあることを申し添えておきます。

これからも問題点、検討すべき案件は多くありますが、大阪のが良くなるにはどうすればいいのかをまず第一義に考え進めていきます。


  1. 2009/10/28(水) 12:04:28|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/298-80ad3397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。