徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

徳永後援会婦人部総会

先週になりますが、9月23日に松竹座で徳永後援会婦人部総会として観劇の会を行いました。
演目は松竹新喜劇で、第2部では藤山直美さんが主演で、皆さん大笑いして楽しいひと時を過ごしました。
観劇後、舞台にて挨拶をし、日ごろのお礼や総選挙のお礼、この9月議会への意気込みなどを述べさしていただきました。
また中山前衆議院議員もお祝いに駆けつけていただきこれからに対する意気込みを語っていただきました。
自民党として大変厳しい風が吹いている中、楽しくほっとする時間を過ごさせていただきました。
私の一番力強い支援者である婦人部の皆さん大変ありがとうございました。皆さんの思いを今度の一般質問にぶつけます。

200909232016000_20090925092511.jpg
200909232021000.jpg
  1. 2009/09/28(月) 15:13:52|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

教育の欠陥に対応を

秋の夜長、政治に関心のある皆さんに読んで欲しい本があります。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。
知識時代の社会発展には、優れた教育機関が必要です。教育こそ成長戦略であり、根本的失業対策であり、生活保障政策です。無能な国民ばかりになれば、すべてを失います。世界最低の大学教育、最低最悪にまで堕落した義務教育は、日本社会の最大の弱点です。
現在の日本の教育システムには、構造的な欠陥と腐敗があります。いじめ、不登校、退学、引きこもり、ニート、多くの自殺者を作る教育構造は、醜悪です。
この本は、教育現場、世界の教育改革、教育史、時代変化、教育経営などの多様な視点から、日本の教育の根本的欠陥を明瞭にしている驚きの本です。
 多くの人がこの本を読めば、日本の教育が変わり、子供たちが救われると考え、勝手に推薦しています。是非、教員や教育関係者にも薦めてください。
  1. 2009/09/28(月) 23:01:39 |
  2. URL |
  3. 勝手に推薦隊 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/287-2067b33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。