徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月臨時議会を終えて

もう先週のことになりますが、7月23日に大阪府議会の7月臨時議会が終わりました。
正直な感想は橋下知事の一人勝ちであったように思えます。(勝ち負けというのも変ですが)
2月6日の知事就任時に「財政非常事態宣言」、4月には「財政再建プロごラム試案」を出し、私学助成金の見直し、警察官の削減、医療・暮らしにかかわる助成の見直し、7法人の廃止を含めた28法人の見直し、9つの公の施設廃止など大変厳しい案を出しました。その後マスコミにもオープンにした府庁内でのプロジェクト案の議論をし、府民の皆さんに分かるように努めてきました。
私たち議会も2度にわたる「財政再建プロごラム試案」に対する提言書を出し、切り捨ててはならない(特に健康福祉・教育・安全)ところの見直しを提案してきました。
そして6月に知事案である「大阪維新プログラム」案が出され、7月臨時議会を迎えました。
わが会派は代表質問から一般質問、委員会質問において、方向性は正しいが切り捨ててはならないところはこうすべきではないのかというスタンスで知事に問いかけ、一定の見直しを得られたのではないかと思います。
しかしながら、知事の主導で行われた感は否めませんでした。
今回の議会は財政再建のために、我々議会も含めてすべての部署において予算削減の負担をお願いするものであるので仕方がなかったと思います。
また一方ではこれだけ全国に大阪府議会をアピールできたことは大変いいことだと思っています。
どこへいっても「大阪はどうなるん?」「橋下知事はどうやねん?」との話があり、私も自分の考えを皆さんに聞いていただくよい機会が得られたと思っています。私自身にとっても大変意義深い、勉強になった議会でありました。

「大阪維新プログラム」はやっと第一ラウンドを終えたところであります。目前に迫っている9月議会では橋下知事の次の一手に対する議論、これからの大阪の方向性を議論する大事な議会であります。
今回の臨時議会はあくまで財政の出血を食い止めるものであって、これからの大阪をどうしていくというビジョンは議論することができませんでした。現在法人2税が減収となる予測のもと、本当はこの部分をどうするというのが大切です。
橋下知事自身も立候補の頃から考えも変わってきているように思えます。“分権”と“集権”をキーワードに地方自治の問題は大阪だけでなくもっと大きな視点で、国と地方の関係、関西広域連合のように地方でどのように国の権限を地方に委譲しどうやっていくのかなどの思いが強くなってきているように思います。

自民党も23日の議会終了日から新しいプロジェクトチームを立ち上げ、これからの大阪をどうしていくのか研究しています。また私もはじめての一般質問の予定をしています。暑い夏ですが、頑張っていきたいと思います。
  1. 2008/07/31(木) 10:27:39|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

現在大阪は関東・中部に比べて経済低迷が激しいと思います。
周りの話を聞くと「大阪は全然動いてないわ。」という声が多いです。
「大阪維新プログラム」が大阪府民のダブルパンチにならないようにお願いしますよ!
  1. 2008/08/01(金) 09:28:35 |
  2. URL |
  3. F.R #HfMzn2gY
  4. [ 編集 ]

F.Rさん
コメントありがとうございます。
橋下改革はこれからが本番です、削るのはやろうとしたらできますが方向を示すのはむずかしいです。大阪のこれからのビジョンを議論していく9月議会、議員の私たちも知事に負けずに訴えていきますので応援よろしくお願いします。
若い力がどんどん訴えていけば大阪も変わっていくのではないでしょうか。知事にはそのパワーを感じます。
私たちも負けてはいられません。
  1. 2008/08/02(土) 12:27:50 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/164-f0995268
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。