徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

活字中毒の一冊

私の趣味の一つに読書があります。趣味といううより、活字中毒であり本屋中毒でもあります。
最近はあまりたくさん読めないのですが、20代のころは週2~3冊のペースで読んでいました。マンガも大好きですね。
また本屋も大好きで、一日に2件3件いったり旅先の駅では必ず本屋を探してしまいます。
子供のころ友達が遊びに来た時私がいなかったらまず本屋を探しに行き、たいてい私は本屋にいました。あほですね。
好きなジャンルはミステリーや冒険小説、純文学も読み、基本的には面白い小説が好きです。(だれでもそうですが)
今日はお勧めの本を2冊あげます。

本1


1冊目はカディスの赤い星(逢坂剛)です。
逢坂剛はスペインを舞台にした小説を多数書いていますが、これが1番面白いです。
日本からスペインのカディスまでめまぐるしく話がすすみ、スペインの過去と現実、光と影がミステリーを生み、剛球一直線の小説です。これを読めばあなたはスペインに行きたくなります。私はこれを読んで卒業旅行をスペインに行きました。
2冊目は美味礼讃(海老沢泰久)です。
海老沢泰久は実名を使ったノンフィクションのような小説を書き、この小説は辻調理師学校の校長辻静雄の半生を描いたものです。日本に本当のフランス料理をもたらし、フランス料理の素晴らしさと普及するまでの困難を抑えた文章でつづっています。
これらの本の良さをうまく表現できていないかもしれませんが、本当に面白いので一度読んでみてください。また面白い本があれば教えてください。

皆さん青木まりこ現象を知っていますか。「本の雑誌」という雑誌に投稿した青木まりこさんからの話ですが、本屋に行くとトイレが近くなるといううものです。しかしながら本屋にはたいていトイレの表示がないという恐ろしいものです。皆さんもお気を付けください。
  1. 2007/06/27(水) 23:35:40|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

「青木まりこ現象?」・・・私もそうです。
本屋とか図書館で本を探していると、トイレに行きたくなる。
行く前には、トイレがあるか確認してから行きます。

便秘の方は逆に利用できるかも!
  1. 2007/06/28(木) 09:02:16 |
  2. URL |
  3. F.R #-
  4. [ 編集 ]

青木まりこ現象は一部では大変話題になりました(本当に一部ですが)。インクのにおいがそうさせるのか、緊張感がそうさせるのか一部の間(しつこい)で大きな話題となりました。
本屋には分かる形でトイレの表示がないところが多いので気を付けてください。
  1. 2007/06/28(木) 13:37:28 |
  2. URL |
  3. 徳永しんいち #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tokunagaosaka.blog107.fc2.com/tb.php/15-aba4a433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

純文学純文学(じゅんぶんがく)とは、大衆小説、あるいは小説一般に対して、商業性よりも芸術性・形式に重きを置いた小説の総称である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:G
  1. 2007/07/28(土) 16:44:58 |
  2. 小説耽読倶楽部

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。