徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中小企業苦悩の夏

今日の産経新聞に関西電力管内で計画停電対策として中小企業の対応の記事があります。
各社様々な対応策を検討されているようですが、簡単にいかないのが現状です。
私も製造業を営んでいるのでよくわかるのですが、得意先に対して守らなくてはいけない一番大切なことは納期を順守することです。納期を守らなければ会社としての信頼を失い、経営は成り立ちません。
記事では、中小企業にとっては、電力不足が後押しする大手メーカーの海外への生産移管が「一番のダメージ」との声も上がっているようです。
今までにも行ってきましたが、将来においては原発は無くしていく、そして代替エネルギーを国として後押しをして、他国をリードする産業にすることが必要だと私は考えています。
しかしながら大飯原発再稼働に対しての橋下市長の「再稼働反対、そのためには計画停電やむなし」発言は大変残念なものであります。
長期的な考えと短期的な考えが入り混じって人々の不安をあおり、後に「再稼働容認」発言がありましたが、コロコロ変わる発言に信用はなく、このような記事につながっているのではないでしょうか。
先日出席しました大阪市青年経営者連合会の総会でも、ある経営者の方が「平松市長はいつも出席してくれて若手経営者のことを気にかけてくれていたのに、橋下市長は来てくれない。どうなっているんや」といっていたのを思い出します。
大阪府・大阪市の動きも経済に関してはあまり伝わってくるものがありません。
公務員・教職員叩きも(問題がある部分には)結構ですが、もっと大阪が活性化するようなもの、前向きになるようなものを具体的に出していただきたい、国の方を向いている場合ではありませんよ。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/25(金) 08:59:56|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

FACEBOOKを始めています

あまりブログの更新ができずに申し訳ありません。
最近はFACEBOOKへの投稿が多くなっています。
外に出歩いていることが多く、携帯からの更新、写真の投稿、コメントへの返信がFACEBOOKではやりやすい(私の不勉強もありますが)ためです。
ブログの更新時もFACEBOOKに投稿しているのでぜひご覧いただければと思います。
FACEBOOKのホームページから「徳永慎市」で検索してください、よろしくお願いします。
  1. 2012/05/24(木) 09:30:55|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東成教育フォーラム2回目

5月19日、地元東陽中学で「東成教育フォーラム」の二回目が行われました。
4月30日に1回目が東成区民センターで行われ、200名ほどの参加者があったのですが、今回はかなり少なく30人程度で、保護者の方と思われる方は10人くらいしかいませんでした。
保護者の方の関心がないのか、それとも告知方法が悪いのかわかりませんが、今後内容を理解したうえで判断をされるのか心配ではあります。

その分参加された方からの質問・要望は子供たちのこと考えた熱心なものでありました。
しかしながら教育委員会のの答弁は残念なものであったと私は感じています。
前回の発言時にもありましたが、橋下市長は「学校選択制」を進めていきたいが、教育委員会も保護者の意見を聞けと言われてこのフォーラムを開催しているという姿勢が理解できません。
保護者・地域の方も自分の時間をつぶしてまで参加している、大阪市の職員も休日出勤し税金を使って開催している。なのにそこで出た意見をまとめる方法・プロセスが見えていないことが最大の疑問です。

区長の説明で「大阪市が「学校選択制」を決定しても、各区ごとに「学校選択制」を選ぶかどうかの意思を出すことができる」との話がありましたが、橋下知事時代の手法(成人病センター移転など)は結論ありきで地域の人にはただ説明しただけというものであったので、フォーラムが終了したのち、直接区長に「本当に各区で決めることができるのか」と問いました。(残念ながらフォーラム時、質問時に挙手したのですが指名してもらえなかったんで。この人数ですごい確率ですが)
区長の回答は「各区の意思は示すことはできるが、最終決定は市長」とのこと。

正直やっぱりなというものでした。それではなんのために公募区長に決定するということでしょうか。
保護者・地域の想いはどのように反映されるのでしょうか。
区長には区の意思がされる方法と決定までのプロセスを明確にしていただきたいと要望しました。
今後各学校ごとで説明をしていくという話もありましたが、PTA会長をさせていただいている立場として、保護者の方に何と説明すればよいのでしょうか。
  1. 2012/05/20(日) 12:29:42|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東成井戸端会議

東成井戸端会議に出席、今日で2回目です。
東成井戸端会議は「こどもといっしょプロジェクト」一環で、地域の人や行政の人子育て世代の人などで子育てについて様々な意見交換をする場なんですが、子育てだけでなく、地域のことや市政のこと身のまわりに起きたことをめいめい話をしながら意見交換をするものです。
皆さん本音で言いますし、どんな意見も尊重する姿勢で、普段言いにくいことでもどんどん意見が出て大変面白いものになってます。
本音の分なるほどなあと思う意見もあり、また行政側の人も一市民として私たちの疑問にも本音で答えてくれ、もしかすると今の大阪市政について一番理解ができる場かもしれません(笑)。
東成井戸端会議は地域・立場のしがらみを超え、面白いものを作る場になるかもという期待があります。
  1. 2012/05/12(土) 22:15:50|
  2. 地域
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FM放送初出演!

先日の日曜深夜、初めてラジオに出演しました。
中山康秀前衆議院議員の番組、神戸ポートタワー横にあるKiss-FM「やすとらダムス」です。
DSC_0386.jpg

同じ東成区選出の川嶋ひろとし大阪市会議員と、今の大阪を取り巻く状況について中山先生とのトークでした。
写真はスタジオをモニター席からみたものですが、思ったより大きくなく、スタジオの中もマイクがある部屋というだけで、こんなところからいつもラジオから流れてくる話をしているのかとピンときません。
DSC_0387.jpg

しかしながら、簡単な打ち合わせがあったものの、どんなふうに話していいのかわからないまま生放送の番組がスタート。
私は緊張していまいうまくしゃべることができませんでしたが、中山先生の軽妙なトークとフォローで進めてくれ無事終了。
緊張をほぐす意味での終わってからの話の後、帰宅したのが午前2時。
中山先生からのアドバイスは「聞いている人が情景が浮かぶような話をすること」
これから「言葉の見える化」目指して頑張ります。
DSC_0389.jpg


  1. 2012/05/08(火) 23:29:50|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

府立成人病センター、大手前へ移転の方向へ(府政レポート②)

昨年からの大阪府立成人病センターの大手前への移転問題は、移転に100億円以上無駄な税金を使うため、現地森ノ宮がベストな場所として反対し、再検討を求め、昨年3月の大阪府議会では、移転案は白紙撤回となりました。
しかしながら、その後行われた大阪府議会議員選挙において、移転賛成であった維新の会の議席が過半数を超えたため、維新の会を中心として再度大手前への移転案が大阪府議会で可決され、移転の方向へ進んでいます。
100億円以上の負担を強いられる、通院患者の負担も大きくなる中、今年中には建設業者が蹴ってする方向であります。
それに対し、残された森ノ宮地区の跡地利用は一向に進んでいるとは思えない状況です。
今年3月大阪府議会での大阪府の答弁は「現在のところ跡地利用の具体的なのものは無い」とのことであり、またまちづくりとは大きくかけ離れた大阪府立公衆衛生研究所や大阪府立健康科学センターは残ったままであり、このままでは東大阪市中央病院跡地のように、何もできない空き地となることが懸念されます。
今後も成人病センターの建て替えに関して可能な限り森ノ宮での建て替えに努力するとともに、移転した際の跡地利用に関しても、地域の皆さんが喜んでもらえるようなまちづくり案を検討していきます。

  1. 2012/05/01(火) 18:56:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。