徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

倉田薫池田市長 知事選出馬

26日に倉田薫 池田市長が知事選出馬を表明しました。
倉田氏は市町村会の会長として大阪府・橋下知事とのやり取りがこれまで取り上げられており、言動などから、知事に意欲がありでるとしたら維新の会からかと思っていましたので、正直びっくりしました。
しかしながら、出馬表明の内容や多くの市町村長からの支援があることを考えると、橋下知事・維新の政治手法に疑問に思いこのままではいけないとの思いがあったのでしょう。
とくに20(出馬するなら30ほど)の市町村長が後押しをするということは大変意味があると思います。ほとんどの方は自分の選挙区から維新の議員が選出されている中、それに反発をするということは今後の大阪府との予算要求に関してマイナス要因になります。それにもかかわらず行動をするということは、維新の政治手法に問題を感じているからでしょう。
倉田氏は市町村会の会長をしていますので、大阪府(広域行政)と各市町村(基礎自治体)の調整も大いに期待できます。平松氏も大阪府・大阪市・堺市での広域行政政策を同じ方向にする協議会の設立を政策に掲げていますので。早急に実現が可能になっていくことが期待できます。
まだ具体的な政策は出てきていませんが、早く知事選についても議論をしていただきたいと思います。

今日の夕刊で、平松氏が各区に予算編成権を与え、区政会議が方向性を決めるという記事が載っていました。以前から私が主張してきたことですので、ぜひ実現していただきたい。それが地域の人たちが行政により近く参画できると思っています。このような動きが大阪をよりよいものにしていくのでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2011/10/27(木) 18:43:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダブル選挙に向けて

昨日、というかきょう未明に大阪府議会の補正予算を含む議案の採決が行われました。
そして橋下知事は辞表を提出し、いよいよダブル選挙に突入するようです。
しかしながら知事は本当に府政をやりきったのでしょうか。
昨日の花谷議員の自民党代表質問ではそのようには感じられませんでした。
自らが代表である維新の会から出された「職員基本条例案」や「教職員基本条例案」は指摘を受け謝罪しどのような方向になるのかわからない状況である。また6兆円を超えるまで膨れ上がった大阪府の借金をどうするのか示さない。そしてWTC庁舎の問題や成人病センターの問題など府民の不利益になるような議案だけ可決をして、将来の大阪府にとって大きな負の財産となるようなものを残してしまう。
これらを検証しない限り、大阪市政をうまく取りまとめることはできないでしょう。

ダブル選においては各陣営とも、どうやって大阪を立て直していくのか具体的な議論をしていただきたい。特に疲弊している産業の活性化、公務員改革などを明確にしていただきたい。誹謗中傷などのイメージ的な議論にだけはならないでほしい。
そして大阪を壊さないでいただきたい。
  1. 2011/10/22(土) 22:25:45|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人病センター、仮処分申請

先日行われた成人病センターの説明・意見交換会の報告です。
その前に大手前地域の方から成人病センター移転建て替えに対する仮処分の申請がありました。
大阪府の大手前移転ありきの強引な進め方に対しての動きであります。
7日、8日のニュースや新聞に大きく取り上げられていました。

そのような状況の中で行われた会ですが、はっきり言って大変落胆するものでありました。
大阪府からの説明は今までと同じ様なものであり、前半の答弁は部長も答えることもせず、本気で来ている人たちに理解をしてもらおうとの意欲のかけらも感じられません。
また今回は、地域のほうから健康常任委員会の議員ならびに地域の議員に出席のお願いをしたのですが、来たのは自民党の宗清議員と民主党の中川議員とあと一人(たぶん民主党)確認できただけです。

私からは、移転したほうが早くできるためにガンの死亡率が低下するといっているが具体的にどのくらいかを聞いたところ、大阪府からは明確な答えは得られませんでした。これは先日の自民党代表質問でも聞いていることです。
このような不明確なものに対して100億~200億(今後の発展用地も含めて)ものお金を余計に掛ける。大手前に行くとWTC庁舎が残ったままであるので、350億もの無駄金が生じ(自民党試算)、合計500億前後もの無駄なお金が成人病センター移転することによって発生するのです。その理由を明確に答えられないとはどんな政策なのでしょうか。
建て替えの議論は結論ありきの府民の利益は一つも考えていません。知事も答弁で現地が有利な結果であった府民アンケートに対して「議会の判断も民意である」と自分の都合のいいようにこたえています。
その結果が地域からでた仮処分の申請であります。また森之宮地区からは現地建て替えの要望と、移転するのなら公衆衛生研究所や健康科学センターなどすべて出て行ってくれといっています。
地域の大きな理解を得て存続してきた病院・施設であるのに、地域を無視をして行ってきた行政の失政の結果でしょう。
議決は21日です、まだまだやっていかなくてはなりません。本当の民意、大阪全体の利益を考えて。
  1. 2011/10/09(日) 12:48:31|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダブル選挙

今日の夕刊に、自民党大阪府連が大阪府知事・大阪市長候補に前向きだという記事があった。
ぜひ候補を出していただきたい、今の自民党支持率が低い原因は自民党としての政策が浸透していない、民主党もだめだが自民党もよくない、政局で動いているのではという風に見られているためだと思う。
近いうちにある衆議院選挙もあり、しっかりと自民党の大阪の将来ビジョンを示すべきである。
  1. 2011/10/08(土) 18:37:06|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国際戦略特区

先日の報道で、総合戦略特区の取り組みが報道されました。

京都、大阪、兵庫の3府県と京都、大阪、神戸の3市は28日、蓄電池や医療といった分野の産業集積を図るため、国際競争力の強化を図る政府の「国際戦略総合特区」に共同で申請することを決めた。府県を超えた申請は全国でも関西だけとなる見通し。同日、特区申請の要件である地域協議会を産学官の134団体で設立し、関西経済連合会の森詳介会長を代表に選び、30日の申請を決めた。
(毎日新聞より)

私も議員時代に何度か質問をしており、関西の活性化・成長エンジンとして何とか実現をしてもらいたいと思っています。
また大阪の経済を下支えとしてがんばっている、超過課税で他府県の企業より税金を払っている中小零細企業への支援策も並行して取り組んでいただきたい。

WTCビルは特区実現のため、または誘致する企業のために有効利用してもらい、無償譲渡すればいいのでは。
  1. 2011/10/01(土) 13:23:34|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。