徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

政治判断とは

昨日、大阪府議会で自民党の代表質問が行われた。そこで取り上げられたWTC庁舎と本庁舎の問題、成人病センター建て替えについて激しい議論があった。自民党としては2つの庁舎が併存するより成人病センターの建て替え場所である大手前に新しく庁舎を建てることにより、348億円安くなる試算を示した。また成人病センター建て替えに関しても大阪府がとったアンケート調査の結果では森之宮のほうが優位性があるため、森之宮で建て替えるべきだと知事に問うた。

しかしながら知事の答弁は「WTCの売却先はどうするのか」「政治判断」などのWTCありきのものでしかなかった。WTC購入の案を示したのは知事である、問題があれば府民の利益を第一優先に考え、方向転換も辞さないのが本当の政治判断であるのではないのか。
また成人病センターについても「議会の判断も民意である」と言い、別の時にはアンケート調査を民意だという、ダブルスタンダードの発言もあり、支持されているものがすべてだというようなものであった。

費用についても成人病センターを大手前に建て替えるとすると、新たに0.9haの用地を確保するという答弁も咲の公明党質問であった。
そうするとその分の土地取得費用約71億や以前から自民党が示している現地と大手前での費用差を含めると500億もの無駄なお金が使われることになる。それを大阪の経済活性化などに使えばどれだけいいのだろうか。
咲洲地区に庁舎があることにこだわるのではなく、WTC売却も含めたあらたなビジョンを示すのが府民の民意をとらえた「政治判断」ではないのだろうか。

「徳永しんいちのツイッター」もやっていますので、そちらもご一読ください
スポンサーサイト
  1. 2011/09/29(木) 10:08:28|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪府議会9月定例会始まる

今日から大阪府議会の質問が始まっています。
今議会は橋下知事が、任期途中でやめて市長選に出るのかという中、さまざまな議案・課題が山積みになっている議会であります。
WTCへの本庁舎移転を断念した中、まだWTCと大手前の2庁舎体制だと将来にわたって1200億もの余分な費用が府民の税金から出さなければならなか、知事の責任が問われます。しかしながら責任を放棄したまま大阪市長に出ようとするのか、大きな議論が出てくると考えられます。
その際に成人病センターの大手前移転も関連して大きな問題となっています。
成人病センターが大手前に移転となると、将来大阪府庁を建て替えを検討する場合、大手前での建て替え用地はなくなり、選択肢が大幅に狭められます。おそらく知事・維新の会はWTCへの移転をあきらめていないのでしょう。民間による府民へのアンケートでは、森之宮での建て替えを希望する方が多く、建て替え場所の検討項目では、一番重要視するのが交通の便であり、建て替え時期は再開でありました。それにもかかわらず、知事は大阪府の民意は移転建て替えという理解できない理屈で移転を進めようとしています。
府民の利益のためには何が良いのか前向きな議論を期待します。

しかし残念なことに出てきている主な議案には、ダブル選挙をにらんだパフォーマンスをするものが数多く出ています。
特に大阪都構想の議論では、ただ大阪を変えるのかどうかではなく、どのような成長戦略があり、特に大阪を支えている中小零細企業を支援するための具体的な政策を議論していただきたい。
以前の意見交換会での知事の発言のような「先端企業だけが残り、あとは3次産業があればいい」というような無責任な考えをあらためていただきたいと思っています。
大阪の復活にはパフォーマンスのための議論ではなく、実現性のある地に足のついた議論をしていただきたい。
特に既存の政党においても大阪都構想に反対であるなら、それに代わる案を具体的に示しながら議論をしていただきたい。
何度も言うようですが前向きな議論を期待しています。
  1. 2011/09/26(月) 13:48:32|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東成区でも区政会議が行われました。

昨日、東成区において区政会議が行われました。
議題は東成区の防災についてです。
感想としては、これでは有意義な議論ができないのではと思います。
まず先日の大阪市事業仕訳のように、進め方をよく理解している方がいないことと、区役所の人たちが参加者にしっかりとレクチャーをしていないように見えました。
皆さんお仕事などお忙しい中の参加で大変だとは思いますが、東成区の事業予内容の評価をするものであり、問題あれば見直しややめることも判断しなければならないという重要な役割をになっていただいています。
その認識を区役所側が理解していないため、中途半端な内容になったと思います。それは参加者の中からも出ていました。
以前からの私の考えですが、もっと自由に新しい事業をここで決めるくらいの意気込みで進めていただきたい。このままでは、区民の皆さんを交えてやりましたよという事実を作っただけのように見えます。この内容は維新の格好の標的になってしまうのでは。
区役所の皆さんには区民と一緒に東成で新しい事業を作っていくくらいの想いを市役所に提案してもらいたいものです。
  1. 2011/09/01(木) 23:53:39|
  2. 地域
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。