徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

代表質問が終わって

25日に自民党の代表質問を終えました。
成人病センター建て替えにおいて、自民党の現地建て替え案を提案しました。
しかしながら知事の答えは移転ありきでしかありませんでした。
費用も123億円安くなる、患者さんの負担もかからない自民党案に対して、公衆衛生研究所の移転には移転先の了解を得なければならないというもので、移転がよいというものでした。

それならば移転に反対している東成区の人たちの思いはどうなんでしょうか、成人病センターは移転して公衆衛生研究所は残ってもよいと勝手に決め付けるのはどうかと思います。実際成人病センターが移転するのなら公衆衛生研究所も移転してほしいという地域の声も聞いています。

今日の公明党府議団の代表質問でも、1から検討しなければならないと言っている中、しっかりと議論していかなければなりません。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 22:23:40|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人病センター移転問題に対しての地域の反応は

大阪府議会2月定例会も明日から代表質問が始まります。
自民党も25日に代表質問が始まります。
質問項目の項目の一つに成人病センター移転の問題があります。
自民党としては大手前移転よりも現地での建て替えが府民の皆さんにとって、また患者さんにとって現地の森之宮のほうが最適な場所だということで、自民党独自の現地建て替え案を出します。

一方東成区内では移転建て替えに対して、現地建て替えの署名活動が行われています。
きっかけは橋下知事の戦略本部会議においての「東成区民は移転に賛成している」との発言がきっかけで、地域の意思を示さなければならないとのことからのようです。
大阪府議会に対して請願書を出すということなので、私も紹介議員として地域の皆さんの想いを届けてまいりたいと思います。
そして議会においては移転ありきからの議論ではなく、大阪府の医療の理念や府民の皆さんにとってどの場所がベストな場所なのか議論することを願っています。
  1. 2011/02/22(火) 23:39:15|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

#

明日の15日は東中本校区で府政報告会をします。
夜7時より、東中本公園会館です、ぜひご参加を!
  1. 2011/02/14(月) 18:36:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成人病センター移転について

昨日大阪府戦略本部会議で、成人病センターの移転の方向が決定した。
しかしながら最終的に議会で関連の議案を通さないと進んでいかないので、私は現地建て替えになるよう取り組んでいきます。
問題なのは、東成区民の皆さんが移転に賛成しているとの知事の発言である。
私が聞いている限りほとんどの人が移転に反対である。また大阪府は今まで一度たりとも地域への説明をしていない。タウンミーティングのような一方的な発言の場ではなく、説明会をするべきである。
  1. 2011/02/08(火) 23:00:32|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

twitter始めました

今日からtwitter始めました。
書き込んでいきますので、よろしくお願いします。
  1. 2011/02/08(火) 22:44:52|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪広域戦略協議会 ワーキングチーム会合

今日、大阪広域戦略協議会ワーキングチームの会合があり、大阪広域戦略協議会の概要が出来上がりました。
この案を大阪府議会、大阪市会、堺市会で条例可決に向けて取り組んでいきたいと思っています。
先日民主党、維新の会のマニフェストが今日は公明党のマニフェストが発表され、自民党のマニフェストが遅れていますが、遅くなった分説得力のあるものにしていきたいと思っています。

しかしどの党も大阪市と大阪府の在り方については、同じような方向性に見えるのは私だけでしょうか?
  1. 2011/02/06(日) 00:48:17|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。