徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自民党大阪府議団代表質問

昨日から代表質問が始まりました。

自民党大阪府議団は、今日1時より奴井政調会長が代表質問を行います。
質問の模様は議会HPのインターネット中継http://www.gikai-web.jp/dvl-osakahu/にてみることができます。
ぜひご覧ください。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/29(水) 09:19:52|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青年局街頭演説会

9月23日に議員インターン生と学生部による街頭演説を開催しました。
皆さん緊張している中、しっかりと自分の主張をされていて、自分の20歳くらいのころと比べると大変頼もしく思えました。
その後青年局の役員会を兼ねた、議員インターン生と学生部との懇親会をしましたが、若い子たちの真剣なまなざしにこちらの力も入ってしまい、おっさんくさい説教になったんではないかと反省でした。
私からの「まず選挙に行ってほしい、そうすれば誰に1票入れるのがいいか考える、それが政治に関心を持つ第一歩だと」いったところ、「入れたけど私の1票が本当に反映しているのか、無駄にになってないか悩んでしまう」
など率直で考えさせられる意見も出て、私のほうが得るものが大きかったものがありました。

役員会では、維新の会とのスタンスをどうすればいいのかという意見が出ました。特に今まで応援をしていた人が維新の会に行ってしまい、離党となった。どのようなスタンスでいればいいのか府連として示してほしいとの大阪市域外の方の意見が多かったように思います。
私の考えは、今回自民党現職の1人区に公認を立ててきたのだから(私自身がそうです)、単純に党が違うと考えています。その中で互いに選挙を戦い、勝ち残れば大阪府議会で議論をすればいいことだと思っています。
そうシンプルに考えています。

しかしながら、大阪市域外の方は自分の選挙と今回の地方統一選が違う日にちの方がいるのでわかりずらい構図であり、府連がスタンスを早く示さないといけないと考えています。

こういうことになり大変残念なことになってしまいましたが、本当に大阪を変えていくことができるのはどこかをしっかりと訴えていきます。
SH3E0005.jpg
SH3E0002.jpg
  1. 2010/09/25(土) 19:22:22|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月議会始まる

昨日の22日から大阪府議会9月定例会が始まりました。
決算委員会を挟み、12月までの80日程の期間です。

副政調会長としての初めての定例会であり、29日の自民党府議団の代表質問に向けて政調会として頑張っています。質問者は奴井政調会長が、補佐として同期の宗清副政調会長の予定です。
また大手前のまちづくりに関しても知事に問うて行きたいと考えています。
  1. 2010/09/23(木) 14:30:17|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

このゆびとーまれ・歌声喫茶

やっと暑さも和らいできて、気持ちの良い風が吹きだしてきました。
先週末は、敬老会が多く開催され、また運動会も始まりました。
二男の幼稚園の運動会もこの日曜日にあり、幼稚園のお手伝いもしているため、敬老会の合間をぬっての準備や片づけ、親子競技の参加など目まぐるしい週末でした。でも子供のうれしそうに頑張っている姿をみると疲れもあまり感じられませんね。

その中、東成区民ホールで「このゆびとーまれ」という講演会があり、聞きに行きました。
「このゆびとーまれ」という言葉に聞き覚えがあったのですが、なんだったかなと思い行ったのですが、「このゆびとーまれ」とは富山県から始まった新しい形のデイサービス(富山型小規模多機能デイサービス)の施設のことであり、代表の惣万(そうまん)さんと副代表の西村さんが開設から今までの話をされました。
私が「このゆびとーまれ」を記憶していたのは、健康福祉常任委員会の時に富山型小規模多機能デイサービスを視察に行き、「このゆびとーまれ」が最初の施設ということで記憶に残っていたのでした。

富山型小規模多機能デイサービスというのは、対象者を限定・集団的ケア・住み慣れた場所から離れるという従来の方式から、住み慣れた場所で、赤ちゃんからお年寄りまで面倒を見て、第二の家になるような場所をイメージしたものです。また障害のある方も受け入れ、「このゆびとーまれ」は障害のある方も働いています。
そして「赤ちゃんからお年寄りまで障害があってもなくても共に生きる東成に!」という思いからの講演でした。

「このゆびとーまれ」の理念である「だれもが、地域で、共に暮らす」ということは大変素晴らしいことであり、それだけに理念を実現するための大変さを感じました。何より地域の方々の協力が必要なのだと。
富山と大阪の地域性や人と人の距離感も違いますが、可能な限り実現するために努力していかなければならないことを改めて感じました。
SH3E0060.jpg

また帰る途中、今里新道筋商店街にある地域交流拠点「新道パトリ」では、歌声喫茶を開催していて、私も飛び入り参加させていただき皆さんと歌をうたいました。
「新道パトリ」は地域の高齢者が憩いながら生活、医療相談などができる交流施設であり、地域の人たちが運営しているものであります。
SH3E0064.jpg

  1. 2010/09/21(火) 23:33:24|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

民主党代表選と自民党新執行部

民主党の代表選が行われていますが、本当に日本の首相を決める事実上の戦いなのでしょうか。
まともな政策論議をせずに、片や任期終了まで解散をしないというニンジンをぶら下げて、首相の責務よりもただ通りたいだけの候補。片や起訴される可能性が高いにもかかわらず、実権をにぎるためになりふり構わず甘い言葉を並べ、さもそれが日本のためだと声高にしゃべる取り巻きのいる候補。
本当に国民のことを考えているのでしょうか。
一つの党の中に正反対の考え方をもつ2つの党があるとしか思えない。ただ政権をとるためにくっついているだけである、国民不在。

一方自民党は新執行部が決まり、大変若返った。喜ばしいことである。しかしながらこれからどうするのかが重要である。悲しいかなアピールをしているように思えない。
まずは国民に聞いてもらうにはどうしたらいいかを考えなければ。

先の参議院選挙の時に、支援者の家族と話をしていた時、奥さんから「自民党は何をやっているのか全然わからん、それに対して橋下知事は大阪都構想とかで頑張っているやないか」ときつい言葉をいただいた。
私はその奥さんに、1時間近く自民党の政策などを話をしたのですが、答えは「ようわからん、橋下さんのほうが頑張っている」。
そこで私は「じゃあ大阪都構想はどんなものか知っていますか」と聞いたら、「知らんけど知事は頑張っている」と。
その時に、痛切に「自民党はあかん」と判断されたら、それを変える、いや話を聞いてもらうだけでも大変だと実感しました。
今の自民党はまず話を聞いてもらえる努力をしなければならない、そのためには振り向いてもらえるようなものを
提示しなければならない。それが人気取りだの自民党としての重みがないだのと言ってられません。
まず皆さんに政策・将来のビジョンを聞いてもらわなければ意味がありません。
それも含めて新執行部に期待をしています。

そして大阪の自民党が最初の反撃ののろしを上げていかなければ。
  1. 2010/09/11(土) 18:30:00|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大手前・森之宮まちづくり協議会

今日の7日、大阪府公館で第3回大手前・森之宮まちづくり協議会を行いました。

今回は大変大きな変化があったと思っています。
前回での議論にもあったように、この協議会は成人病センターが大手前に移転をする、府庁舎は大手前のままということを前提として議論をしてきました。しかしながら、その中での議論では本当ににぎわいのあるまちづくりができるのかという疑問がありました。
その中で、大阪府からにぎわいづくりのために府庁舎を活用する案を出したいとの意向がありました。

私は本当ににぎわいづくりに必要であれば検討するべきだ、しかしそれならば成人病センターの建て替え場所も検討するべきではないかと。
先週の政調会での厳しいやり取りの末、まちづくりの可能性として府庁舎・成人病センターの場所についても検討する案が大阪府から出てきました。
各委員の方の意見では、府庁舎はともかく成人病センターが大手前にないことも検討するとなるとあまりにも前提条件が変わってしまい混乱してしまう、しっかりと議会で前提条件を決めていただきたいとの意見がありました。
私としては大手前のにぎわいににはどのようなものが必要なのか議論をしたい、結果どこに府庁舎・成人病センターがどこになるのか議論したいとの意見を述べました。

この後、自民党府議団でも勉強会を開きました。
その中ではもう一度議論していこうとの意見が多く出ました。

今回の提案は委員の皆さんに大変混乱をきたすものではありましたが、大阪府からこのような案を出したということは知事も議論をしてほしということです。昨年から議論をしていきたいという思いがやっとかなうのではないかという思いです。
この9月議会、大阪城のにぎわいづくりのためにどのようなものが大手前にあればいいのかしっかりと議論をしていきます。
  1. 2010/09/07(火) 23:00:51|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳永会婦人会 慎友会総会

大変熱い日々が続いています。

9月4日、東成区民ホールにて徳永会婦人会、9月5日、アサヒスカイレストランにて慎友会それぞれの総会を行いました。

婦人会の総会は、4年に一度の演芸大会として行われ、400人近くの方が参加し、30組以上の方が出場されて、日ごろの練習の成果を披露していただきました。
途中、私のカラオケや長女の祝い舞もあり、朝から夕方までの大変長時間ではありましたが、ほとんどの方が最後まで楽しんでいただき、最後は会場を取り囲んだ総踊りで締めくくり、大変盛り上がった会となりました。

総会では私から府政報告と来年の春への意気込みを述べさせていただきました。

CIMG0726.jpg
CIMG0683.jpg
CIMG0691.jpg
CIMG0732.jpg


翌日の慎友会総会には、80名以上の方が参加していただき、若い力の盛り上がりを感じさせられるものであり、私も議論に熱中して時間を忘れるほどでありました。

役員の皆様には準備を含め、また両日お手伝いをしていたき大変ありがとうございました。
皆さんの期待を裏切ることなく、信念を持って府政に取り組んでいくことを改めて決意をした会でありました。

CIMG0745.jpg
CIMG0746.jpg
CIMG0748.jpg
CIMG0743.jpg



  1. 2010/09/06(月) 12:15:37|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。