徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明日から参議院選

明日の24日から参議院選挙が始まります。
衆議院のような政権選択選挙ではありませんが、与党が参議院でも過半数を取るかどうかの、今後の方向を決める大切な選挙となります。
私も自民党の地方議員として、自民党、そして大阪の改革を目指して、北川イッセイ氏を応援していきます。
また20日の第4選挙支部大会には大勢の方が参加していただき、大変ありがとうございました。
「アンカー」でおなじみの青山繁晴氏の講演は、国を思う氏の熱い気持ちが伝わり、50分の予定がどんどん伸びて、30分以上オーバーするというものでありました。
氏の「みんな一人ひとりが同じ思いで国を変えていかなければならない、そして政治家も私も皆さんも同じ国を愛するものとして考えていかなければならない」との言葉は大変共感するものでした。
参議院選挙では、自民党再生のために頑張っていきます。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/23(水) 22:37:46|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ONE関西へ!

世の中は、ワールドカップの話で持ちきりです。私も今日のオランダ戦は大変楽しみにしています。
日韓ワールドカップの時は大阪市民として応募したチケットが当たり、この時ほど大阪市民でよかったと思ったことはありませんでした(笑)

それに劣らず、24日からの参議院選も大切なものであります。自民党も国民に期待される実行力・実現性のある公約を掲げ、戦っていかなければなりません。

自民党大阪府連においても、大阪府連独自のマニフェストを掲げました。
喫緊の課題である「雇用と中小企業対策」や「暮らし・安全安心」「教育立国大阪」などが重点項目としてありますが、先日の一般質問で述べた自民党としての大阪の在り方「ONE関西で未来を拓く」を謡っています。

自民党大阪府連は国の在り方を抜本的に見直し、新しい行政の形態として、道州制の導入に向けて取り組んでいきます。

わが自民党府議団は大阪府と大阪市が中心となって「ONE関西」、関西州の実現のために取り組んでいきます。
  1. 2010/06/19(土) 17:20:01|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

徳永会総会

6月13日、難波のスイスホテルで平成22年度徳永会総会を行いました。
昨年はおとなしかった雨男の本領を発揮(?)してか、始まるのを待っていたかのように雨が強くなり、来ていただいた皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

総会が始まる前に、初当選時の開票のときの映像と5月26日の一般質問の映像を見ていただき、あまり成長していませんが、少しは大阪のためにがんばっている姿を見ていただきました。

総会では、中山泰秀前衆議院議員、北川イッセイ参議院議員、大西ひろゆき前大阪市会議員、川嶋ひろとし大阪市会議員の方から大変あたたかい祝辞をいただきました。

またクロマグロの完全養殖に成功した、近大水産学部の熊井英水教授が大変忙しい中、私の家内の恩師ということで、記念講演をしていただき、総会に花を添えていただきました。

懇親会では、大変和やかななか、来年の厳しい選挙へ一丸となって応援をしていただける大変力強い激励の言葉を皆さんからいただき、盛り上がった会となりました。

出席していただいた皆様、またお手伝いしていただいた皆様方、大変ありがとうございました。皆様から大きなエネルギーをいただき、これからもがんばっていきます。
  1. 2010/06/18(金) 01:07:03|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菅内閣 発足

菅内閣が8日に発足しました。
新内閣におかれましては、前政権との違い、昨年のマニフェストとの整合性、現在の問題に対する明確なビジョンを示し、参議院選が国民の政権選択の場であるというなら、国会で議論をしたうえで、参議院選に臨んでいただきい。

しかしこれだけ支持率が急上昇するというのはどういうことだろう。支持率というよりは期待率といったほうがよいのではないかと思います。
そう考えると、民主党の支持率が下がってきた中、自民党の支持率はあまり上がらなかった。そして今回の急上昇に対してもあまり支持率は下がらなかった。
これは国民の多くが自民党に期待をしていないのではないのか、そうとしか思えない。そうであれば支持率がどうとかではなく大変深刻な問題である。

自省もこめて、何とかしなければ自民党はダメになるのではないのか?
大阪は特にそうなっているのではないのか?
意見しているつもりなのだが、うまく伝えることができていないのか、聞いていないのか、状況は変わらない。
それでも変わることを信じて意見を言わなければならない。
  1. 2010/06/09(水) 18:56:43|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

首相退陣、大手前・森之宮まちづくり協議会

昨日、鳩山首相が退陣しました。小沢幹事長も辞任するようです。
ようやくかとの思いもありますが、やめたからといって今までの責任を取らなくてもよいわけではありません。今後、金の問題などを説明・責任を取ってもらい、政治のあしき流れを断っていただきたいと思います。
また民主党も次の首相になる人を決める中で、去年のマニフェストに対しての考えやこれからのビジョンを示していただきたい。普天間問題や経済の問題など政治が停滞している場合ではないですから。

それ以上に自民党にはしなければならないことがあります。一刻も早くマニフェストをだして国民の皆さんに自民党のビジョンを示すべきです。ただ敵失を待っているだけのようでしか思えません。このままでは自民党の存在価値がなくなってしまいます。

そして私たちも大阪で何ができるのかを示していかなければなりません。

先日の一般質問でも取り上げた「大手前・森之宮まちづくり協議会」が5月31日にスタートしました。
大阪の一等地になるべき大阪城周辺の地域のまちづくりをどうするか、私も委員としてかかわっていきます。
私のほうからは、一般質問で述べましたように、市と府が一緒に取り組まないと成功することはできないと意見させてもらい、ぜひ大阪市議会でも取り上げていただきたいと大阪市から来られた川田委員に要望しました。
これからも様々な形で大阪市が大阪府と一体になって取り組んでもらえるよう動いていきます。
次回の協議会は7月の予定です。

また委員である橋爪紳也氏とも東成のまちづくりに関してやっていきましょうと、新しい関係もでき、面白くなっていきそうです。
  1. 2010/06/03(木) 12:07:27|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。