徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大阪版経済特区

新聞報道などでありましたように、第3回「夢洲・咲洲地区まちづくり推進協議会」にて「大阪版経済特区」を大阪府・大阪市で検討し、実現すべく国へ訴えていくことが決まりました。
これは言葉だけではなく、大阪市の22年度予算(案)にも新しく盛り込まれています。

昨年、知事と我が会派での意見交換会で、私は知事に「WTCへ府庁舎移転して何をしようとしているのか、まず1番やりたいことは何なのか」と質問しました。その時の答えが「経済特区をし、企業立地を促進して大阪経済の活性化を図りたい」とのことでした。
私はその考えを聞き、WTCへの庁舎移転に賛成をしました。
経済特区制度は地域的・歴史的理由で沖縄の名護市のみあるためハードルが高いですが、「大阪版経済特区」を大阪府と大阪市が協力して取り組むことは大阪の発展、また府市連携への大きな大きな一歩であると思います。

最近知事は「大阪都構想」を述べていますが、大阪都になった場合のイメージ、大阪市がどのようになるのか、区の統合再編などがあるのか、各市町村の統合再編がるのか、どのようなものかわからないままだと府民・市民が不安に感じるのとおもいます。
それよりも現在の大変な状況の中、しっかりと大阪府と大阪市が協力していき、協力してもなおいまの制度上では十分な対応ができないのなら、次のステップとして大阪都という考えがいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/20(土) 18:56:05|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EV(電気自動車)に試乗!

2月8日・9日に商工労働委員会のメンバーで東京・神奈川へ視察に行ったのですが、そこで厚木市にある日産自動車先端技術開発センターに行きました。
先端技術開発センターは10年20年先の開発を主としており、そこで開発されたEV(電気自動車)の開発技術と将来展望について日産の取り組みの説明を受けました。
地球温暖化への取り組み(CO2削減)として電気自動車は大きな効果をもたらすもので、「環境都市ナンバー1」を掲げる大阪府としては、将来的にEVや新エネルギー関連産業の集積を促すことを目的とした、「大阪EVアクションプログラム」を策定しています。
その中で今年発売される日産のEV「リーフ」の説明と試乗をしました。
性能は時速140km以上で走行距離は160km以上とのことでありました。普及に向けての課題としてはやはり①充電インフラの整備 ②価格がガソリン車より高くなってしまう 点ということでした。

しかしながら試乗するとそんなことは吹き飛んでしまいました!
何という気持ちのよい加速感なのでしょうか!モーター特有のスムーズさで、変な感覚ではなく大排気量車なみの加速です。聞くところによると3000~3500ccクラスのガソリン車並みの加速だそうです。また重量のある電池が車体の底面にあるため重心が低くて安定感があります。
価格もがんばって300万円少しにしたいとのこと(補助も含めて)です。

価格は少し高いですが、大変魅力のあるものになっています。低価格化の大きな要素である電池も大阪府は力を入れているところであります!(残念ですが「リーフ」は日産とNECの共同開発品ですが)
既存の車のイメージが大きく変わった体験でした。
今までのガソリン車とは部品点数が少なく、モーターになることで設計の自由度が大きくなり、小さなメーカーが個性のある車を作れる可能性もあります。
これからの新しい産業としても可能性があるのではないでしょうか。

RIMG0588_R2.jpg
RIMG0599_R2.jpg
テスト車なのでボディーは現行車のもの(おそらくティーダ)をベースにしています

RIMG0595_R2.jpg




  1. 2010/02/13(土) 18:20:15|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じっくり腰を据えて

2月2日・3日はもうすぐ始まる2月議会に出てくる予定の、来年度条例案、予算案の説明・検討する政調会が行われました。
その中で大阪マラソンや水辺のにぎわい事業など大阪を盛り上げていくような新しい施策の説明があったのですが、私からは、大阪ミュージアム構想や御堂筋のライトアップ事業など、既存の事業の検証・今後の方針が予算案にほとんど出ていない。新しいものをどんどん追っかけて行くのではなく、既存の事業をしっかりと検証しブラッシュアップをしていかなければならないのではないかと意見を述べました。
御堂筋のライトアップは大勢の方が来てくれたが、そこでゆっくりと楽しむ場所もないから来年はどのようなものにするのか、大阪ミュージアム構想は最近はマスコミでの記事に載らないような中どうすべきか。しっかりとPDCAのサイクルで事業に取り組んでもらいたいと。
他のことに関しても気になることがあります。例えば「大阪都構想」ですが、大阪府と大阪市がともに取り組んでいかなければ今の大阪の厳しい状況を打破することはできない、今までは互いに勝手なことをしてきたが、府庁のWTC移転をきっかけに府と市が(経済界も)協力をして大阪を活性化させることに私は賛成をしています。
しかしながら、まだ実際にWTC周辺の街づくり構想も今から決定するところであり、今から結果が出てこようとする中、突然の大阪府と大阪市を一つにするという考えはいささか早すぎるのではないかと思います。
やらねばならないことをしっかりやって次のことに取り組むべきなのではないでしょうか。
  1. 2010/02/06(土) 13:27:21|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

がんばれ未来のジャパン!

先週の28日に全国ジュニアラグビー大会で優勝した大阪選抜チームが知事に表敬訪問しました。
今年の高校ラグビーは東福岡高校が優勝しましたが、大阪は強豪校が多く花園ラグビー場もありラグビーのメッカであります。
私の子供もラグビースクールで頑張っていて、時間があった時には試合を見に行き応援をしています。
知事も大変喜んでいたそうで、ラグビーの話で盛り上がっていたようです。
しかしながらラグビーを取り巻く環境は厳しく、一校でチームを作ることが大変なところも出ています。
昨年は日本でジュニアワールドカップもあったので、ぜひワールドカップを日本で開催してラグビー熱を復活させたいですね。

DSC_0004_R2.jpg
DSC_0012_R2.jpg
DSC_0022_R2.jpg
  1. 2010/02/01(月) 10:33:58|
  2. 地域
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。