徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

答弁調整会議

今日から大阪府議会臨時議会が始まります。
2日にわが会派から東政調会長が代表質問をしますが、昨日代表質問の答弁調整会議がありました。
質問内容は今回の補正予算に関してのことでしたが、府側からの回答は「市町村と話をして決めていくので内容は9月議会時に提示する」、また議員側から使い方について提案すると「それは国が認めてくれない」いうものがありました。
今回の補正予算は景気浮揚・活性化が目的でありますが、使う場所が限られるということは、自治体ごとに本当に使いたいところに使えないというもどかしさを感じます。ここにも地方分権の必要性を感じました。

夕方からは中山泰秀代議士の政経懇談会がありました。
記念講演は一番話題の鳩山邦夫代議士で、大臣更迭のいきさつやこれからの国政について話があり、自民党も変わらなければならないと強く述べられていました。
中山代議士も地方分権を強く訴えていました。ぜひ大阪・日本のために頑張っていただきたいです。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 09:58:38|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮参り

今日は二女の紗季の宮参りでした。
家族での写真撮影の後、熊野神社での宮参りでした。
生まれてから1か月少し経ちましたが、順調に育ち、母乳も十分すぎるほど飲み、すくすくと育っています。
上の兄弟も新しい家族をかわいがってくれ、毎日ドタバタですが楽しい日々を過ごしています。
子供たちの元気な(元気すぎるほどの)姿は本当に癒され、また子供たちが安心して暮らせるような大阪にしていかなければならないという思いです。
紗季の夜泣きや、上の子供たちが夜に起きてきたりして寝不足ではありますが、今週も頑張っていきます!

生まれた時です
DSCN0018_R.jpg

1か月でこんなに大きくなりました
DSCN0107_R.jpg

うちのやんちゃな兄弟と
DSCN0124_R.jpg



  1. 2009/06/28(日) 22:53:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商工労働常任委員会

国の補正予算が可決され、大阪府でも6月30日より補正予算について審議をする、臨時議会が始まります。
それに先立ち、今年度所属の商工労働常任委員会協議会がありました。
まず杉本商工労働部長の挨拶があり、続いて清水次長より概要の説明がありました。

【重点課題】世界をリードする大阪産業にする

① ものづくり中小企業を元気にするため、商工労働部の総合商社化
を目指します

② 世界トップクラスのバイオクラスターを実現するため、ベンチャーが
育つ環境を整備します

③ 大阪が新エネルギーのモデル都市となり、府内に新エネルギー関
連産業の集積を図ります

④ みんなが就職できる大阪を目指し、障がい者の雇用を増やします

⑤ 中小企業が人材を確保でき、若年者がいきいきと仕事ができる都
市・大阪を実現します

以上が大きな方向性ですが、大阪の活性化のために中小企業・商店街のサポートやバイオ・新エネ産業への投資は不可欠であります。
私も委員会において副委員長の任につき大阪経済の活性化に努力をしていきます。
  1. 2009/06/26(金) 14:04:03|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

知事視察

昨日の23日に橋下知事が地元東成の成人病センター・公衆衛生研究所・環境農林水産総合研究所の視察に来ました。
西日本を代表するがんセンターである成人病センターや、新型インフルエンザの検査や中国製毒入り餃子の検査などで活躍した公衆衛生研究所の現状を見てもらうため以前から視察に来ていただきたいと訴えていた中、やっと実現がしました。私も地元の議員として知事がどのような考えを持っているのか、会議の合間を縫って成人病センターと公衆衛生研究所に行きました。

公衆衛生研究所での職員からの説明には、ハード面や人員が足りているかとの心配をしていました。新型インフルエンザでの対応の不備の反省と、また来る秋冬への対応についての話があり、特に設備の古さに対しての心配がありました。
私からも、今後の新型インフルエンザの府民への正しく正確な情報提供こそが対策への有効な手段ではないのかと述べさせてもらいました。

成人病センターでは堀総長からの概要説明を受け、がんの5年生存率では全国トップクラスであり、がん医療のための独自の開発や将来に向けてのビジョンの内容に、知事は大阪・関西の誇りとの感想がありました。そして公衆衛生研究所も含め早期に建て替えなどの検討をしていきたいとのコメントがありました。
私としましても、将来の大阪のまちづくりも踏まえた建て替えを議会で議論して行きたいと思います。

P1020510_R.jpg

DSCN0102_R.jpg

DSCN0103_R.jpg
P6210047_R.jpg

DSCN0104_R.jpg

  1. 2009/06/24(水) 13:32:53|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徳永しんいち後援会 総会


6月19~20日、21~22日に徳永しんいち後援会 総会として、バス旅行に行ってきました。
1日目は呉にある「大和ミュージアム」に行き、2日目は宮島の厳島神社と岩国の錦帯橋に行きました。
新型インフルエンザのことありましたが、200名近くもの方が参加していただき、バスの中や食事の中でまた観光を楽しみながら、ゆっくりと皆さんと話をしたり府政報告をさせていただいたり、大変楽しく充実したひと時を過ごすことができました。
府政報告では、WTCへの移転の話や成人病センター建て替えの話、衆議院選の話をさせていただきました。特に強調したのは大阪も国も変わらなければいけない、それには自民党が変わらなければいけないということです。国民の皆さんが思っている現状への不満・閉塞感を変えるにはまず自民党が変わらなければいけないということです。
そして自民党の議員として大阪・日本を良くするために頑張ることを述べさせてもらいました。

そして本当によかったのは、観光のときには雨が降らなかったことです。やっと雨男でないことを証明できたと思います。(笑)

DSCN0092_R.jpg
DSCN0088_R.jpg
DSCN0067_R.jpg
DSCN0068_R.jpg
DSCN0099_R.jpg
  1. 2009/06/22(月) 22:15:34|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛染さん

今日、大阪府庁に愛染さん(愛染祭り)の表敬訪問がありました。
愛染さんは大阪の夏祭りの最初を飾るもので、疫病を祓うものであります。住職の方からも新型インフルエンザに負けないようやっていきますとの言葉がありました。
愛染娘の皆さんも、モンゴル・中国の方もいる国際色豊かで、みなさん大変元気で、新型インフルエンザもふきとばしていただければとおもいます。
愛染祭りは6月30日から7月2日まで四天王寺勝鬘院(しょうまんいん)で行われますので、ぜひ行ってみてください。

IMG_1407_R.jpg
IMG_1382_R.jpg
  1. 2009/06/18(木) 23:51:10|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総務部会政調会

今日、職員から総務部会政調会で庁舎整備構想(案)の説明を受けました。
内容は、WTCへの移転案が否決になったため、現庁舎の耐震と周辺土地の売却に伴うまちづくり構想でした。

政調会でも発言をしましたが、知事の「WTCへ移転して大阪を変えていきたい」という考えには大いに共感できます。しかしながらWTC移転することによって本当に大阪が活性されるのかを提示できなかったため否決されたと思っています。私自身も今の案ではそう簡単に大阪が活性化するのかという思いであります。

今回の庁舎整備構想(案)はWTCが否決されたので元の案を出しましたという内容であり、なぜもっと考えないのかという思いです。
2月議会終了から、いままでにいたるまでに知事は国の合同庁舎の新築計画に反対しましたが、地方分権を考えると国と市の合同庁舎という案が出てきてもいいのではないかと思います。さらにいうと、WTCに大阪市庁舎が入り、隣に国と府の合同庁舎ができれば南港地区は大きく人も物もおごいていくのではないでしょうか。

府庁舎が大手前であったとしても成人病センターがある森ノ宮の健康ゾーンの再構築を含めて、大阪城周辺のまちづくりを考えるいい機会だと思います。

庁舎整備構想についてはこれからも議論していかなければならないと思いますし、知事も「大阪を活性化する」という原点に戻り、さまざまな角度から検討していただきたいと思います。
  1. 2009/06/17(水) 19:23:05|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリンセストヨトミ

5月の議会も終りましたが、今は総会時期なので各総会に出席したり地域行事などに出ています。
私の後援会も来週と7月に総会の予定です。
その合間にお勧めの本を読みました。
「プリンセストヨトミ」 著者:万城目 学 です。
舞台は大阪府庁と大阪城、空堀商店街!ある秘密をめぐっての東京から来た会計検査院と大阪のおっちゃんおばちゃんの戦い。
こんなんあるかいなと思いながら、大阪やったらありそうやなという設定がうまくはまっています。
何よりいいのは、大阪の風景や人がいきいきと描かれており、大阪に対する愛情が感じられるところです。
最近では一番面白かった本であり、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

これはぜひ大阪府で映画化をせんといかんなー

9784163278803.jpg
  1. 2009/06/10(水) 22:31:28|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

府市連携

先日大阪市内の府議会議員の勉強会である、大阪府市地方自治研究会がありました。
この大阪府市地方自治研究会というのは主な目的が府市連携を取り組むための勉強会であり、この時期は大阪市の今年度の一般会計予算や施策の説明を受けます。
その中で、水道局長から水道事業の統合協議についての説明がありました。内容は昨年から一貫している、「大阪市は現状のままで何も問題がない、変える必要性がない、大阪府が困っているので手を貸してあげる」ものでありました。
局長から初めて言葉を聞いた時はびっくりし、かつ何を考えているのかと思いました。それから私たち議会も交えた協議も含め、今に至っても思いは変わりません。しかしこのトーンを貫く姿勢はある意味すごいなと感じます。しかもこの日は出席予定ではないのにもかかわらず、わざわざ説明をしたいということだったらしいのです。霞が関のお役人の答弁もこんなものかなと思ったりもします。

私は地域では「大阪市のために」ではなく「大阪のために」という言葉を使います。大阪市は周りの市町村との関係で成り立っていると思います。「大阪の幸せ」が「大阪市の幸せ」になるのではないでしょうか。

橋下知事は水道局長の話をすでに聞いていると思いますが、どのように思っているのでしょうか。もし聞いたことがないのでしたら、聞いてもらってコメントを聞きたいものです。
  1. 2009/06/04(木) 10:43:58|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。