徳永しんいちのブログ

前大阪府議会議員の徳永しんいちが大阪府政・地元東成区・趣味などさまざまなことに関してつづってまいります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大阪府議会2月定例会開会

2月29日大阪府議会2月定例会が開会しました。
傍聴席にはたくさんのカメラと人が集まり、議場コンサートの後議会が始まりました。
橋下知事より所信表明がありました。
大切な所信表明なのでまちがわないよう原稿を読みながらのものでありましたが、最後の部分は原稿にない自分の思いを熱く語っていました。
暫定予算のためこの議会は橋下知事の考えを聞くことが中心になると思います。

議会の後議員控室に河崎特別秘書が来られその場にいた先生と様々な話をしていました。
私からも意見や自分の思いを話させていただきました。少しでも知事に届けばと思います。
さまざまな会派の方に積極的に意思疎通を図ってもらえればうれしいですね。

約1か月頑張っていきます。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 23:59:50|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

健康福祉常任委員協議会

2月27日、2月議会に先立ち健康福祉常任委員協議会がありました。
午前中は提出予定議案に対しての説明、午後から管内視察に行きました。
管内視察はまず大阪大学医学部付属病院にあるドクターヘリの視察です。

061.jpg


065.jpg

069.jpg

ドクターヘリは要請があってから5分以内に出動、大阪府内の目的地には20分以内に到着します。
今後有効に活用していただきたいと思います。

その後茨木市彩都にある独立行政法人医薬基盤研究所へ視察に行きました。
医薬基盤研究所は創薬支援に特化した独立法人として研究開発を行い、企業・大学・国の産学官と連携をして新たな医薬品・医療機器の開発を目指した研究開発を支援しています。

彩都はバイオクラスターとして期待していますが、まだまだ開発が煤でいないと感じました。
大阪の強みとして、公衆衛生研究所などと協力していくのはいいのではと思います。





  1. 2008/02/28(木) 12:14:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橋下知事直轄プロジェクトチーム

2月25日に橋下知事直轄プロジェクトチームの説明と質疑応答がありました。
プロジェクトは17の重要政策プロジェクトチームと財政改革のプロジェクトチームの2つからなります。
橋下知事からプロジェクトチームには「できないという言葉はいうな、どうしたらできるかの考えろ」と言っており、またスピード感を上げる・現場主義でいけとも言っています。
この考えには大変良いと感じています。
しかしながら疑問に思うこともあります。
17の重要政策は知事のマニュフェストが中心となってできていますが、知事は新規事業は原則行わないと言っています、また政策の内容も本当にすぐに必要なのか疑問に思うものもあります。そうすれば17の重要政策はどういうふうにとればいいのか、私としては議会から良い提言があれば積極的にやっていただきたいですし、17の政策も現場で違うと思えば前言撤回と言われようが勇気をもって変更していただきたい、チームの方も勇気をもって知事に進言していただきたいと思います。
私たち議員もそのところを今議会で問うていきたいと思います。
  1. 2008/02/26(火) 12:23:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もちつき

2月24日の日曜日宝栄小学校でお餅つきがありました。
各地域でもお餅つきがありましたが、今年度最後のお餅つきで小学六年生の卒業お祝いで行われました。
2008022409270000.jpg

2008022409260001.jpg

2008022409360000.jpg


朝方まで雪が降っていたので心配しましたが朝になって天気も良くなり子供たちもたくさん参加して大変楽しい餅つきとなりました。
PTAの方が中心となり、地域の皆さんの協力もあり90kgも用意したもち米もあっという間につきあがり、みんなでおいしくお雑煮やきなこ餅などをいただきました。
子どもたちは餅つきをしたり運動場で元気に走り回り、お手伝いをした方々もがんばりがいがあったと思います。
もうすぐ卒業式ですが、六年生の子たちにとって思い出に残るものになったかと思います。



  1. 2008/02/24(日) 21:28:16|
  2. 地域
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪府議会2月定例会

2月29日から3月25日までの日程で大阪府議会2月定例会が行われます。
橋下知事の初の議会であり、大変注目を浴びています。
昨日は来年度の暫定予算案を発表しました。
「財政非常事態宣言」を踏まえまず4か月の必要最小限の予算をたて、その後本格的に予算を見直すとのことです。
多方面に多大な影響を与えますが、大阪府を会社にたとえると黒字になる予定もたたずに借金を先延ばしにしていて先行きが不安なのも確かです。
必要なところは残さないといけませんが変えていかなくてはなりません、橋下知事には頑張ってほしいと思います。
しかしながら大阪を立て直すビジョンや方向性をこの議会では府民に示していただきたいと思います。
財政再建だけではなく選挙で訴えていた大阪の経済の活性化や人の集まる大阪のビジョンを示していただきたいです。
それが選挙で支援をした私の役目でもあると思います。
  1. 2008/02/23(土) 18:24:52|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪市民音楽祭

2月17日に大阪市立鶴見区民センターにて第17回大阪市民音楽祭が行われました。
多数の方が参加され、東成区からも女性コーラスのコーロ・ビーナスさんとジャズバンドの方が参加されました。
080217_1151~01


リハーサルの写真です。

080217_1211~01


080217_1212~01


本番では大変美しいコーラスを聞かせてくれました。
  1. 2008/02/18(月) 10:01:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こたつでの一冊

今日はこの冬1番の大変厳しい寒さでした。
そんなときにコタツでみかんを食べながらの本を紹介します。

まず最初は「ガダラの豚」中島らも著です

19744276.jpg


内容は呪術・超能力・宗教・etcなんでもぶちこみ、関西のスパイスをきかした最高のエンターテイメント、分厚い本ですが読み出したらたまらなくなること請け合いです。
著者のシャイなところが見えるしゃれっ気がいいですね、もっと彼の本を読みたっかたので亡くなったことが大変残念です。

2冊目は「将棋の子」大崎善生著です

31116181.jpg


将棋の天才が集まる奨励会、そこでは天才といわれる子もただの人になってしまう。
天才の中の天才を決めるのが奨励会である。
小学校から青年期までの一番多感な時の全人生・全人格をかけてプロ棋士になるために戦い、非常にも夢叶わず退会していく将棋の子を、将棋界の中にいた著者が温かく優しい目で見つめた一冊です。
彼らの将棋に対する一途で透明な思いは胸につまされ自分はどのくらい頑張っているのだろうと問いかけてしまいます。

寒くて外にも出る気が起こらない時にはコタツでぜひ読んでみてください。

  1. 2008/02/13(水) 19:25:59|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミーイズム

最近ミーイズムという言葉をよく見かけます。
もともと1970年前後に若者が自分が好きなことをして生きるのが一番大事という意味の「ミーイズム」という言葉が生まれたらしいのですが、現在では自己中心的・利己主義という意味合いに取られています。
産経新聞でも連載していますが、ミーイズムが若者だけでなく年配者にもたくさん見受けられいいるとのことでした。

大人というか老人がつまらないことで激怒する。

たとえば、閉店間近のスーパーのレジで空いてるほうへ
誘導しなかっただけで閉店後、店員10人を1列に並ばせ
1時間にわたって怒鳴りちらす。

レストランに予約をして、勘違いして1時間前に来て
開店準備中の店員に待ってくれと言われると
予約してあるのに何で待たなアカンのかと聞く耳を持たない。

こういう大人たちはストレスの吐き口がなく、どんどん積もらせていき
些細なことで、立場の悪い人に一気にぶつけるらしい。

このような内容がかかれており、現代の若者のことも書かれています。
人々すべてが自分さえよければ良いという世の中になったとしたらどうでしょうか。
社会は互いに助け合って生きています、もっとも足るものが地域だと思います。
子供達にはこのことを教えていただきたい、それには大人もかわらなければいけません。
  1. 2008/02/12(火) 22:06:20|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自由民主党政治大学校なにわ塾2期生募集

自由民主党政治大学校なにわ塾の2期生を募集しています。
RIMG0012.jpg


自由民主党政治大学校なにわ塾は、自民党大阪府連が健全な自由主義社会を守り、安定した国民生活を発展させていくために、地域社会を見る柔軟な視点とグロ-バルな動きの中で、政治経済の動きを理解する広い視野を持った地域のリ-ダ-を育成するべく設立されたものです。
私自身も受講していましたし、現在は自民党大阪府連青年局のなにわ塾担当であります。

詳しくは自民党大阪府連青年局のHP(http://www.osaka-jimin.jp/naniwa/index.html)
もしくは下記左のリンクよりご参照ください。

興味のある方は是非参加してください。
  1. 2008/02/07(木) 16:38:45|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橋下新知事就任

今日橋下徹新知事が就任しました。
大田前知事との引き継ぎの後、議場で職員へのあいさつ、そして各会派へのあいさつがありました。
そこで出たのは、新規事業は予算化しない、既存事業もゼロベースで見直す、20年度の予算はまず4か月の暫定予算で行うなどとのことです。
厳しい財政の中立て直すのは大変困難な道であり大きな変革が求められます。しかしながら大阪のためにしていかなければならない新しい事業もあると思います。このところをこれから新知事と大阪を良くしていくとの共通認識を持ってやりあっていきたいと思っています。
  1. 2008/02/06(水) 16:02:13|
  2. 活動・報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新型インフルエンザ

先日NHKでも特集をしていましたが、この先新型インフルエンザが必ず爆発的に流行する(パンデミック)といわれています。
このインフルエンザは毒性は強いが感染力が弱い鳥インフルエンザが毒性は弱いが感染力が弱い人インフルエンザと組み合わされ変異を起こし、毒性が強く感染力の高い新型インフルエンザになるといわれています。
厚生労働省では国内では4人に1人が感染し、このうち17万人~64万人が死亡する可能性があるといっており、新型インフルエンザ対策行動計画を策定していますが、アメリカなどにくらべると大変遅れているのが現状です。
しかしながら実際にパンデミックが起こった場合の地域レベルでの対応ははっきりしていないのが現状です。
行動に移すのは地方行政であるため、大阪府としても公衆衛生研究所を中心とした対策を明確にしなければなりません。
公衆衛生研究所の今後も含めたこれからの対応を考えていきたいと思っています。
  1. 2008/02/03(日) 21:04:58|
  2. 私の考え
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。